2019年12月01日

「ジャパンライフ」を招待したことは罪なのか?


■「ジャパンライフ」の商品広告を新聞に掲載していた新聞社

 「桜を見る会」にマルチ商法の反社会勢力「ジャパンライフ」が招待されていたことが判明したことによって、野党4党および一部のマスコミが激しく追及していたが、ここにきて、多くの新聞社が「ジャパンライフ」の商品広告を新聞に掲載していたことが判明した。

 マスコミにとって不都合が事実が判明したことで、今後はマスコミの批判も潮が引いていくようにフェードアウトしていくことになるのかもしれない。

 この件で言えることは、何年も前のことを遡ってまで責任を追及することは無理があるの一言に尽きるということ。その時点で詐欺が発覚していたのならともかく、詐欺が公に判明していなかったことまで責任を追及することは法的にも御法度な行為だと言える。

■「罪が発覚する前」と「罪が発覚した後」は別物

 ジャパンライフの詐欺が発覚する前に新聞社がジャパンライフの商品広告を載せようが、安倍総理が「桜を見る会」に招待しようが、それは罪とは言えない。その会社が詐欺を働いていたことに気がつかなかったというだけのことであり、見る目が甘かったと認めればそれで済む話である。
 
 ジャパンライフを「桜を見る会」に招待していたことで安倍総理が責任をとって辞任しなければならないということであれば、同じ理屈でジャパンライフの商品を新聞に載せていた新聞社も店を畳まなければならないということになる。本当にそれで良いのか?と言えば、良いわけがないだろう。

 日本では、ある会社の社員が犯罪行為を起こせば、その会社の上司や社長にまで責任を追及するという悪い習慣があるが、今回の件もそれに近い構図だと言える。

 その昔、マスコミは、犯罪集団と判明する前のオウム真理教をテレビのバラエティ番組などに出演させて持ち上げていたことがある。これなどは、ジャパンライフの商品広告を新聞に掲載することよりもはるかに罪深い行為だと思えるが、それでも罪は問われておらず、責任も追及されていないだろう。

 「罪が発覚する前」と「罪が発覚した後」では対応が変わる、ジャパンライフの場合もこれと同じだ。ジャパンライフの罪が発覚した後に「桜を見る会」に招待していたというなら大問題だが、罪が発覚する前に招待していただけなら、それほど大きな問題ではない。
------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 11:43 | Comment(0) | 政治