2022年06月18日

周回遅れの「帯状疱疹」報道の裏側


■「帯状疱疹」の原因は「コロナワクチン」の可能性

 なぜかテレビでは今頃になって、「帯状疱疹(たいじょうほうしん)が流行している」という報道が行われている。テレビに出演している専門家の言うところでは、コロナに感染した人は、感染していない人に比べて15%程発症率が高いということだった。

 テレビでは、なぜ急に「帯状疱疹」が流行し出したのか?ということを問題視した報道が行われているわけだが、その考えられる理由として「コロナ」や「コロナ禍」を出すことはあっても、「コロナワクチン」には全く触れようとしない。その露骨な姿勢からは、違和感よりも悪質ささえ感じてしまう。

 「帯状疱疹」という病は、ウイルス性の疾患であり、主として子供の頃に水疱瘡(みずぼうそう)に罹患した人の体内(神経節)に残留していたウイルスが、宿主の免疫力の低下により抑制が効かなくなることで発症すると言われている。症状としては、神経が痛み出した後に、皮膚の表面に帯(おび)状の疱疹(ほっしん)ができることで発症が判明する。
 通常は、発症後に抗生物質を投与することで症状が収まると言われているが、なぜウイルス性の疾患に抗生物質が効くのかは不明。

 「帯状疱疹」は、加齢による免疫力の低下と密接な関係がある病とされているが、この1〜2年で人間の免疫力に影響を及ぼすものはなかったか?と考えると、真っ先に原因として浮かんでくるのは、「コロナワクチン」の接種ということになる。真っ先とはいかなくても、少なくとも原因の1つとして考えられることは誰にでも解ると思う。

 「コロナワクチン」は接種する度に免疫力が低下する可能性があることは知る人ぞ知るところだが、ほとんどの人はそういった情報を知らない。テレビや専門家の言うことを鵜呑みにしている人は、そういった情報には触れることができない構図になっている。

■様々な病の流行(マッチポンプ)にご用心

 ディープステートが支配する大手マスメディアでは表立ってコロナワクチンの真実を言ってはいけないことになっているのか、「コロナ」や「コロナ禍」のことは述べても、絶対に「コロナワクチン」の負の側面には触れようとしない。本当のウイルス専門家であるなら、真っ先に「ワクチン」に疑いの目を向けるはずだが、疑問を抱くという姿勢すら見せようとしない。まるで始めから「ワクチン」という選択肢は無いかのように。

 医者がテレビで「帯状疱疹の原因はワクチン」などと言おうものなら、先日の報道ステーションに出演したNHK党の立花孝志氏のように“放送事故”扱いになってしまうだろう。なぜそうなるのかと言うと、マスコミの忖度が働いているから。誰に? もちろん、日本を占領し世界を牛耳っているディープステートに対して。

 医療業界というのも大手マスメディア同様、ディープステートの支配下にあるため、虚偽に塗れている。コロナ禍でそういった隠された事実に気付いた人も大勢いると思われるが、今後、ワクチン接種による免疫力の低下がどんどん激しくなり、様々な病の流行が考えられる。

 現在の「帯状疱疹」と同様に、その原因を「コロナ」や「コロナ禍」のせいにするのは目に見えているので、騙されないように注意しよう。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 17:18 | Comment(0) | コロナ問題
2022年06月16日

「目は口ほどに物を言う」偽善者達


■「目は口ほどに物を言う」ゼレ○スキー

 「目は口ほどに物を言う」という言葉がある。その意味は、言うまでもなく、その人物が何かを語る以前に、その人物の目を見れば、その人物の本性が分かるというもの。

 私の場合、相手の目を見るとその人物が何を考えているのか分かってしまう…というのは言い過ぎだが、その人物の人間性は大体分かってしまう。これまでの経験上、概ね99%は当たっていると思うが、ごく稀に分からない人もいる。多分、自分自身の認識力を超えた人は何を考えているか分からないということなのだろうと思う。分かりやすく言うと、大人は子供が何を考えているのか分かってしまうが、子供は大人が何を考えているのか分からないというのと同じようなものかもしれない。

 高所から低所は見えるが、低所から高所は見えない。その高低の差は俯瞰的な「認識力」の違いということになるのだろうか。

 現在の有名どころでいうと、ゼレ○スキーという人物はどう見えるのかと言うと、私には“悪人”に見えてしまう。風体が悪人に見えるというのではなく、その眼光からは、なにか後ろめたい思惑を抱えているように見えてしまう。では、プーチンはどう見えるのかというと、彼の場合は正直分からない。先に述べた99%の中に入らない人物なのだろうと思う。

 世の知識人と言われている人の中には、ゼレ○スキーを英雄のように持ち上げている人もいるが、私からすると、人を見る目が全く無い人なんだな…と思えてしまう。

■「目は口ほどに物を言う」政治家達

 ついでに言うと、日本の政治家等は、ほとんどが“嘘吐き”に見えてしまう。嘘を語っている人間の目はどうしても曇りがちになり、その目からはどんどん輝きが失われていくことになる。
 そのせいもあるのか、政治家の人相は年齢とともにどんどん悪く(険しく)なっていく。所謂、険の有る顔になっていくと言えば、誰もが納得してくれるのではないかと思う。

 世の中の多くの人は、見た目よりも、人間の言葉に騙される。どれだけ人相が悪い人であったとしても、巧みな言葉遣いにコロッと騙される人がいる。この場合の「人相」とは、骨相学的な容姿や美醜のことではなく、心の状態が表れた目のこと。

 正直に真実を語っている人間の目は活き活きと輝いて見えるものだが、本心とは裏腹な虚偽を語っている人間の目は、爛々と輝いて見える。その目の輝き(正邪)の違いが分からない人は、「始めに言葉ありき」で、言葉だけが判断材料となり、騙される傾向にある。

■「目は口ほどに物を言う」専門家達

 コロナ禍を語る専門家の目も同様で、テレビに出演している専門家達の目は大抵曇っており、中には爛々と輝いて見える人もいる。彼らがどんなに綺麗事を語ろうとも、その目に宿る疾しさを隠すことはできない。

 少しややこしいのは、一般人と同じように洗脳されている無知な専門家もいるので、そういった人物は自分は正しいことを語っていると思い込んでおり、善人のように見えてしまう場合がある。言わば、カルト教にドッブリと嵌った熱烈信者のようなものであり、教義自体が間違いでも本人は正しいと思い込んでいる状態。

 そういった人物の正邪を見分けるためには、直感だけでなく、最低限の専門知識も必要になってくる。洗脳されている専門家や医者というのは、必ずどこかでボロが出る。洗脳されている(=自分の考えが無い)がゆえに、語っている内容に齟齬や矛盾が生じても、そこに気付かないというボロが出てしまうので、ある程度の正しい専門知識を身に付けることで正邪を見分けることができるようになる。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 19:56 | Comment(0) | コラム
2022年06月11日

「100円ショップ」が「200円ショップ」になる日は来るか?


■スタグフレーションに至る原因

 このところの物価上昇の波は止まる所を知らず、あらゆる商品が値上げされていっている。
 この現象だけを見れば、デフレからインフレに転換したことは肌で感じられるレベルと言える。これまで何をやっても物価下落(デフレ)を止められなかった社会が、否応なくインフレに向かっている様を見る日が続いている。

 ただ、どう考えても、健全なインフレとは言えない。アメリカ等はもともと収入も物価も少しずつ上昇するという正常なインフレだったが、5%を超えるインフレとなると悪いインフレということになってしまう。

 一方、日本の場合は、インフレと言うよりも、スタグフレーションなので、ある意味、デフレよりも性質(タチ)が悪いとも言える。
 ビジネスの現場でも、様々な資材が高騰しており、これまでの遠慮はなんだったのか?というほど、値上げ交渉が盛んに行われている。

 全体的には、製造原価がいきなり10%底上げされるかのような雲行きだ。これで収入も10%上がるのであれば、インフレということになるが、おそらくそうはいかないと思われる。物価が上昇したことによって原価が上がり売上も上がったとしても、従業員の原価削減意識だけはそのまま残り、スタグフレーションを招くパターンかもしれない。

■「100円ショップ」化するブックオフ

 先日、ブックオフに立ち寄ってみると、100円コーナーで販売されている本の一部が300円になっていた。上を見てみると、「100円〜300円」コーナーになっていた。少し前に200円に値上げになったかと思いきや、今度は300円になってしまった。仕入れ原価は変わらない(?)のに、販売価格が上がるということは、売上は上がるが、従業員の給料はそのままというパターンかもしれない。

 日銀の黒田総裁の「値上げ許容」発言ではないが、社会が物価上昇が受け入れたとしても、給料上昇を受け入れない限り、スタグフレーションは避けられない。それは、デフレよりも性質(タチ)が悪いことは論を俟たない。

 この調子で物価が上昇していくと、終いには「100円ショップが200円ショップになる」と言い出す人も出てくるかもしれない。最近の円安も手伝って輸入価格も上がり、100円ではペイできない商品も出てくることは間違いない。

 ただ、100円ショップにはこれまでも200円の商品やら、300円の商品、果ては1000円の商品も陳列されていた。
 100円ショップの定義とは、最安値で販売されている商品が100円ということなので、50%以上の商品が100円で販売できないという状態にでもならない限り、100円ショップの看板が200円ショップに変わることは当面はないと思われる。しかし、100円の商品が減少していく様子はリアルタイムで目撃することになるかもしれない。

■「あの勢力」の手のひらの上で踊らされ転がされている人々

 最近は、雑誌や漫画コミックも随分高くなったので、購入することに抵抗感を持つようになった。一頃、500円以下だった雑誌やコミックが、概ね700円以上になっており、お買い得感が感じられなくなってしまった。
 それゆえに、雑誌はサブスクの楽天マガジンで読み、コミックはレンタルすることが多くなった。
 「雑誌が売れない」と言いながら、ほとんどの雑誌がサブスクサービスで読めるようになっている。サブスク料金の値上げ以上に紙代が値上げされていくのだから、出版業界としては、自分で自分の首を絞めているようなものであり、まさに悪循環と言うしかない。

 そういった悪循環が嵩んだ結果、原価を最大限に抑えることができる中古市場に消費者は向かうことになった。物価が高騰しても、高価な商品に手を出すわけではなく、より安価な商品ばかりに目が行くようになる。商品の値段がインフレ化しても、人間の精神はどんどんデフレ化していくといった状況には全く変化がない。

 最後に、今回の物価上昇の波を演出しているのは、参政党の言葉を借りると、いつもの「あの勢力」だが、多くの人々は彼らの手のひらの上で踊らされ転がされていることにも気が付かない。

 「急がば回れ」、現代社会における悪循環から真に抜け出すためには、「あの勢力」が何を考えているのかを知ることが最も近道なのかもしれない。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 08:25 | Comment(0) | 経済