2022年12月03日

「ハイジャック」されたコロナ禍


20221203.png

■日本を一機の飛行機に喩えると…

 「コロナワクチン被害者遺族の会」が被害を訴えている動画がなぜ、何の断りもなく削除されるのか? 誰がそんなことを指示しているのか? あるいは、誰に忖度しているのか?
 無関係な一般人がコロナワクチンを批判した動画が削除されるならともかく、なぜ本当に被害に遭った人の家族の訴えを退け隠蔽しようとするのか?

 本来であれば、国家存亡の危機として真っ先に報道されるべき問題が、あっさりとガン無視される。
 このあまりにも不自然で不条理なコロナ禍における出来事を冷静に観察できる人であれば、何が起こっているのか?という質問の解答は自ずと見つかると思う。

 コロナ禍というのは、ちょうど「ハイジャック」に似ている。

 コロナ禍を企てた者達が、各国政府を完全にハイジャックしているような状態にあると考えると、おかしなおかしな矛盾だらけのコロナ禍の謎が全て綺麗に解けてしまう。

 例えば、日本を一機の飛行機だと考えてみよう。その飛行機には誰にも気付かれることなくテロリストが乗り込んでおり、コックピットに侵入し、パイロットの頭に銃口を突き付けて、様々な命令を下している姿を思い浮かべてみよう。

 そのテロリストはこう言う。

 「コロナウイルスで多くの感染者や死亡者が出ているように言え!」

 「コロナワクチンは安全なので接種するように言え!」

 「コロナワクチンが原因で亡くなった人はいないことにしろ!」

 「もし、我々の存在をバラすと、この飛行機を墜落させるぞ!」

■テロリストの命令に従うパイロットと、パイロットに従うシープル

 飛行機内にテロリストが乗っていることを乗客にバラすと、その飛行機ごと墜落させられてしまうという危機的な状況に置かれた場合、その飛行機のパイロットは、否応なく、そのテロリストの命令に従うしかない。

 少し骨のあるパイロットであれば、テロリストに反抗するかもしれないが、その場合も、無力なパイロットは消されて、代わりに副操縦士が飛行機の操縦桿を握ることになる。

 だから、乗客がワクチンを接種して死亡したとしても、それがワクチンのせいだとは言えない。

 少し勘の鋭い乗客が「あのワクチンは危険だ」「あのワクチンを打ったせいで乗客が亡くなった」「パイロットの言うことは全て嘘だ」と言っても、パイロットは引きつった作り笑顔で「ワクチンは安全です」「乗客が亡くなったのはコロナのせいです」「デマを言うのは止めてください」と返答することしかできない。

 もっと勘の鋭い乗客が「この飛行機はテロリストにハイジャックされている」と言うと、「陰謀論は止めてください」となる。

 ほぼ全ての乗客は、まさか飛行機がハイジャックされているとは夢にも思っていないので、パイロットの言うことを全て鵜呑みにして黙って従うことになる。

 もし、こんな状況が本当に起こっているとしたら?

 「そんなバカな…」と言うだろうか?

 しかし、残念ながら、それが現実であり、この「日本」という名の飛行機は数十年間もそんな状態に置かれてきたのである。そうでも考えない限り、この、おかしなおかしな矛盾だらけのコロナ禍の説明がつかない。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 09:42 | Comment(0) | 陰謀学
2022年11月12日

なぜ、「赤い波」は発生しなかったのか?


20221112.png

■厚顔無恥な不正選挙、再び

 米国中間選挙が「接戦」と伝えられている。
 毎度、民主党有利と伝えるしか能がなかった大手マスコミでさえも、バイデン政権の不評を受けて、今回は共和党が有利と伝えていたにも拘らず、なぜか民主党が追い上げるという、まさかの事態が発生している。

 無論、こんなことは常識的には起こり得ないので、2年前の大統領選と同様、不正が行われていることは間違いない。
 まともに選挙をすると大敗することが分かっているので、何か不正選挙以外の手を打ってくると予想したが、どうやら今回も同じ手を使うことにしたらしい。不正選挙がバレても、それを封じ込めるだけの圧倒的な権力が有るという自信の表れだろうか。

 先日、アメリカでは、国民の4割以上がディープステートの裏支配に気付いているという調査結果が発表された。そんな状態でも、あからさまな不正選挙で乗り切ろうというのだから、その厚顔無恥ぶりには閉口せざるを得ない。

 日本のマスコミも「なぜ、赤い波は発生しなかったのか?」と、勝手な間違った解釈で国民を洗脳し続けている。アメリカと違って、日本人でディープステートの裏支配に気付いているのは、1%未満だろうから、然もありなんと言ったところだろうか。ディープステートの支配下にあるマスコミが1%の正しい認識を持った国民のための報道をするはずがない。

■「アメリカ革命」と「ジャパン革命」

 現在のアメリカで起こっていることは「アメリカ革命」であり、それはアメリカを全体主義国家に変えるという策謀である。かつての「ロシア革命」も自作自演のDS革命だったが、現在は同じように「アメリカ革命」の真っ只中にある。かつての革命がそうであったように、今回も多くの国民は、それが自作自演のDS革命であることに気付かない。

 ちなみに、「ロシア革命」と「アメリカ革命」の間には、もう1つの自作自演のDS革命があった。それは何かと言うと、「ジャパン革命」である。

 「ジャパン革命」もその他の例に漏れず、自作自演のDS革命だった。日本は、敗戦後のDS革命によって社会主義国家になったが、ほとんどの国民は、自由主義国家になったと思っている。

 国家主権を取り上げられた欧米の植民地である日本が、自由主義国のはずがなく、ほとんどの国民は間違った自由を刷り込まれ、自らが経済奴隷に成り下がっていることにも気付いていない。

■ブラジルの警察官の怒りの矛先とは?

 話をアメリカに戻そう。

 今回の中間選挙の結果次第では、アメリカで暴動が発生し、内戦状態になる可能性がある。

 このことは既に多くの識者が述べているが、先にブラジルでも同様のことが発生している。

 あまり知られていないが、ブラジルはどこかの国と違って、元々、ディープステートの存在には明るい国なので、不正選挙があったと判れば、国民は政府と戦う姿勢を露にする。その証拠に、今回の選挙でブラジルでは、暴動を取り締まるべき警察官までが暴動に加わっているという状態。もちろん、日本のマスコミでは報道されていない。

 警察官の怒りの矛先はブラジル政府ではなく、その上の存在だということ。

 間違ったことをして国民を騙せば、騙されたことに気付いた国民は怒りを表現する。それは、主権者である国民の当たり前の権利の行使とも言えるが、日本では、国民自身が主権者だという認識が無い(GHQに取り除かれた)ので、こうはならない。

 日本では、デモや暴動が起こらないのは、平和的で良いことだということになってしまう。

 デモや暴動が起こらないのは、正しい政府だからではなく、国民が真実を知らないことに起因している。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 10:03 | Comment(0) | 陰謀学
2022年10月27日

海外では当たり前の「人口削減論」


20221027.png

■ビル・ゲイツの「人口削減論」

 ビル・ゲイツの有名な言葉に以下のようなものがある。

【TED2010での講演】
現在、世界の人口は68億人ですが、90億人程度まで増加します。しかし新たなワクチンやヘルスケア、保健医療、生殖に関する衛生サービスで素晴らしい成果を納めれば、おそらく10%から15%抑制することができるだろう。


 コロナ禍になってから、この発言が俄に注目され、人口削減論を語る上では欠かせないものとなっている。

 ただ、この発言には“前置き”が有るらしい。

 それは、主に発展途上国における問題だが、アフリカ等の国では、衛生環境や貧困の問題で、多産化が問題となっている。日本では、1人の女性が子供を産む人数は、お金に余裕がある裕福な人ほど多いと思われがちだが、それは日本国内の話であって、実際は「貧乏人の子沢山」という言葉もあるように、世界では、お金に余裕の無い人ほど多産の傾向にある。

 そこには、出生率や平均寿命問題が大きく関係している。無事に大人になるまで成長するかどうか分からないような国では、1人でも多く子供を作らなければいけないというメンタリティーが働いてしまう。
 子供を養う経済的な余裕が無いにも拘らず、必要以上に子供を産んでしまうため、貧困問題がより一層深刻になってしまう。

 ゆえに、ワクチンで健康寿命を延ばすことができれば、発展途上国における貧困層の出産メンタリティーが変化して多産問題も解決の方向に向かうというのが、この言葉の真意であるらしい。

■ビル・ゲイツの発言に対する聴衆の拍手の意味

 しかし、「ワクチンが健康寿命を延ばす」という前提はフィクションであり、実際は、全く逆のことが起こってきた。それゆえに、アフリカの人々の多くはワクチンに対する強い猜疑心と恐怖心を抱いている。アフリカでコロナワクチンの接種者数が伸びなかったのは、かつてビル・ゲイツが勧めたポリオワクチン等で、多くのアフリカ人が健康を害したということを知っているからだ。

 医者が家族に抗がん剤を打たせないように、ビル・ゲイツも自分の子供にはワクチンは接種させないと言っている。先頃、コロナワクチンの伝染防止テストを行っていなかったという詐欺が発覚したファイザーの社長も、自分自身はコロナワクチンを打たないと言っていたことは有名だ。

 ビル・ゲイツの上記の発言では、TED会場の聴衆から拍手が起こったとされるが、さすがに公の場で「ワクチンや医療行為で人口削減する」とだけ言って拍手が起こるというのは信じ難い。これでは、「医療で人口削減する」と言っているようなものであり、聞いている会場の面々も悪魔のようなサイコパス人間ばかりだったということになってしまう。(中にはそういう選民思想を持った人もいたと思われるが)

 ビル・ゲイツの発言に対する聴衆の拍手は、あくまでも、ワクチンが奏功すれば、途上国の多産化のシステムが間接的に解消されるという意味での拍手であったわけだ。(まるで現実味の無い話だが)

■世界の権力者達は「人口削減」は正しいと思っている

 しかし、我々が問題とすべきポイントはそこではない。ここで問題として提起すべきは、世界の権力者達は、現在の世界人口を減少させることは良いことだと思っているという点だ。

 世界の権力者の大部分を占める彼らユダヤ人と称する人々は、「世界の人口を減らすべきだ」と言う反面、自らの同胞達には「産めよ増やせよ」を実践している。自分達同胞が増えるのは構わないが、その他の人種は、減らさなければならないという二重基準。

 人口削減論は、日本人がほとんど知らない海外の会議(世界経済フォーラムやビルダーバーグ会議)で、ずっと以前から当然のこととして話されてきたが、そういった現実をほとんどの日本人は全く知らない…と言うよりも、知らされていない。

 マスコミが報道しないことは何も知らないというのが現在の多くの日本人の姿であり、裏を返せば、マスコミが報道することは全て正しいと思い込まされているということを意味している。
 現在の日本人の99%が、マスコミの言うことを鵜呑みにし、政府からの指示待ち人間と化しているという有り様。

 戦後のマスコミは、日本が欧米の植民地であることを国民にバレないようにすることが最大のミッションだった。まず、その事実を認識しない限り、現在の日本が抱える諸問題は何1つ解決に向かわない。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 19:42 | Comment(0) | 陰謀学
2022年10月01日

日本の総理大臣は「植民地の長」だった


■「総理大臣になるのが夢」と言う夢想家達

 何年か前に、『40歳から「差がつく」生き方』(苫米地英人著)という本を読んだことがある。その本の中で苫米地氏は「会社で出世して喜んでいる人は、奴隷の長になって喜んでいる人と同じ」というようなことを書かれていたので、随分と思い切ったことを言うな…と思ったことがある。
 しかし、今になって考えると、これなどまだソフトな部類の発言であり、本当のことを言ってしまうと、企業どころか、日本の総理大臣こそが奴隷の長だということが解るようになった。

 正確に言うと「奴隷の長」というよりも「植民地の長」と言うべきかもしれないが、大部分の日本国民は、そんな認識は全く持っておらず、総理大臣と言えば、日本における指導者の代表というようなお花畑認識を共有している。

 日本では子供に将来の夢を尋ねると、「総理大臣になるのが夢」と応える子供がいる。
 その言葉の裏には「総理大臣になって日本を良い国にする」というニュアンスが込められているのだろうけれど、これなども、現実を知らない夢想家の発言でしかない。

■東アジアの国々の代わりに欧米の植民地になった日本

 日本は「極東の国」と言われるように、東の最果ての国である。かつての植民地主義時代、欧米の国々は東アジアのほぼ全ての国を植民地にし、その国の人々を奴隷のようにこき使っていた。当時の東アジアの国々の人々は無学文盲であり、自分達が奴隷の立場にあることに疑問すら抱けないほどに無知だった。

 あのまま植民地主義が続いていれば、東アジアの最果ての国である日本も例外なく欧米の植民地になっていたことは間違いない。しかし、運命の悪戯か、その植民地主義に待ったをかけたのが日本だった。
 日本は欧米と戦争するつもりなど全く無かったが、欧米からの不条理な経済制裁で嫌でも戦争しなければならない状態に追い込まれた。しかし、ただ戦争するのではなく、東アジアの植民地を欧米から解放するという大義名分を立てて戦争に突入した。「大東亜戦争」とは、「東アジア解放戦争」を意味していた。

 結果的に、日本は戦争に敗れたものの、東アジアの植民地を欧米から解放するという目的は達成した。これをもって日本は戦争に勝利したという向きもあるが、その代償として、日本は東アジアの国々の代わりに欧米の植民地になってしまった。

■「右の左翼」と「左の左翼」のプロレスごっこ

 しかし、ここで1つ大きな障害があった。これまで奴隷の対象となっていた東アジア諸国は無学文盲の人々だったが、日本は、幸か不幸か、明治の開国により近代国家となっており、ほとんどの日本人は西洋寄りの教養を身に付けていたので、簡単には奴隷にすることができなかった。

 そこで、戦勝国は、日本人を精神的に洗脳する必要があった。彼らの遣いであるGHQの行った洗脳工作は、人類史上稀にみる大規模な洗脳工作だった。無論、彼らは戦争が始まる何年も前から、洗脳プログラムを用意し、万全の体制で日本人の洗脳を行った。

 その甲斐(?)あって、教養のある人々を奴隷のように洗脳するという離れ業を見事に成功させてしまった。これまでのように肉体的な奴隷ではなく、精神的な奴隷を作ったという意味での離れ業だった。

 GHQは、まず、正しい教養を持った保守の人々を排除し、左翼達を右と左に分けて戦わせるというプロレスを政治や言論の世界に持ち込んだ。
 それ以来、与党と野党は、「右の左翼」と「左の左翼」、言論の世界でも「右の左翼」と「左の左翼」という具合に分かれ、本当の支配者層から国民の目を逸らすためのガス抜き要員として、延々とプロレスを見せ続けた。
 そのため、日本人は、本当の敵はプロレスラーではなく、プロレスのプロモーターであることを忘れていった。

 現在でも、「右の左翼」と「左の左翼」のプロレスごっこは健在であり、洗脳された国民は、未だ凝りもせずに、プロレスごっこ観戦に夢中になっている。

 1つ、確実に言えることは、現在の日本では、誰が総理大臣になっても、日本は変わらないということ。これに尽きる。
 日本が欧米の植民地であることに多くの国民が気付き(と言うより思い出し)、政治システムそのものを根本的に変えない限り、いつまで経っても、日本は植民地から解放されないということを知らねばならない。

 将来の夢を尋ねると、「総理大臣になるのが夢」ではなく、「日本を植民地から解放することが夢」と応える子供が出てこなければ日本の未来は無い。



------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 09:53 | Comment(0) | 陰謀学
2022年09月24日

「正義が力ではない、(お金の)力が正義だ。」の世界


■「力が正義ではない、正義が力だ。」という洗脳

 アニメのタイガーマスクの有名な台詞に以下のようなものがある。

 「力が正義ではない、正義が力だ。

 日本人のほとんど全ての人はこの言葉に共感すると思う。特に純粋な子供達は、この言葉に洗脳されて、この世は善人が支配する世界であり、正義は悪に勝つものだと思い込むことになる。

 タイガーマスクだけでなく、あらゆる漫画は、正義は必ず悪に勝つことが決定されており、この世界で悪人が栄えることは有り得ないという刷り込みに貢献している。無論、それが意図的に行われているわけではないが、勧善懲悪的なドラマが、本当の悪を過小評価することの手伝いをしていることは間違いない。

 しかし、この世界の現実は、全く逆になっており、「正義が力ではない、(お金の)力が正義だ。」となっている。

 こう言うと、底の浅い善悪論だと勘違いする人がいるかもしれないが、ここで述べているのは、そういう浅薄な善悪論ではない。ほとんど全ての日本人が気付いていない善悪論であり、子供だけでなく、大人までが洗脳されている善悪論である。

■「正義は勝つ」というフィクション

 「正義は勝つ」、この言葉を疑う人はまずいない。少年ジャンプのキーワードは「友情・努力・勝利」となっており、この3つの内の1つは漫画に入れることが編集方針とされている。
 ということは、この世界の現実を正確に描くことはできないということになる。具体的に言うと、悪が勝って、正義が負けるというオチは描けないということになる。

 少年ジャンプの人気漫画『ワンピース』は、「友情・努力・勝利」の三拍子が揃った漫画であり、どんな窮地に陥ったとしても、最後には正義が悪に勝つというストーリーになっている。これは『ワンピース』に限った話でなく、全ての漫画がそうなっている。

 しかし、『ワンピース』の場合は、一見、子供向きの漫画を装いつつも、この世界の真実を描いている箇所も散見される。著者が意図的に行っているのかどうかは不明だが、「世界政府」などという言葉も出てくるので、解る人には解る設定となっている。「ワノ国編」などは、占領された日本を暗に描いていることが透けて見える。

 『ワンピース』も最後はハッピーエンドで終わるのだろうけれど、現実の世界では、ハッピーエンドになったことは1度も無い。伏線としてのハッピーは有り得ても、最終的には悪が勝利(バッドエンド)している。
 大東亜戦争を例に持ち出すまでもなく、いつも最終的に勝利するのは悪の枢軸となる。なぜなら、「歴史」という名のストーリーを組み立ててきたのが、彼らであるから。

 かつて、アメリカのブッシュ大統領は、悪の枢軸として、北朝鮮・イラン・イラクの三国を挙げたが、本当の悪の枢軸は、アメリカであり、そのアメリカを創り操っている勢力なのである。

 もういい加減に、悪の枢軸が自滅し、「力が正義ではない、正義が力だ。」となる日が来ることを祈りたい。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 11:12 | Comment(2) | 陰謀学