2022年06月25日

季節外れのインフルエンザ流行のカラクリ


■コロナとインフルエンザが同時流行する?

 一昨年(2020年)、昨年(2021年)と、ほとんど感染者がいなかったことになっているインフルエンザが、今年(2022年)になって流行し出したということでニュースになっている。しかし、梅雨時にインフルエンザが流行するというのも可笑しな話であり、季節外れ感は否めない。

 テレビに出演していた専門家は、コロナとインフルエンザが同時流行する可能性に触れていたが、ついこの前までは、ウイルス干渉でコロナウイルスが流行すればインフルエンザウイルスが姿を消すと言っていたのではなかったのだろうか?

 一昨年、昨年とインフルエンザ感染者がほとんどいなかった理由は、言わずと知れたことで、インフルエンザの検査自体を行わないように通達が出されていたからである。その理由というのが「検査時にコロナ感染リスクが有るから」というもので、釈然としない理由だった。

 おそらく、インフルエンザ感染者をコロナ感染者に仕立て上げるためにインフルエンザの検査が中止されていたのではないかと思う。これも言わずと知れたことで、PCR検査はインフルエンザでも陽性になるので、これほど分かりやすい詐欺もない。しかしながら、そんなバレバレの詐欺でも、ほとんどの国民はコロッと騙された。

 これは世界を舞台にした詐欺(計画)であり、「まさかそんなことは有り得ない」という常識の裏を突いた詐欺なので、世界の権力構造や現代医療の正体を知らない無知な人々は見事なまでに騙された。高学歴者までがこぞって騙されたという意味では、無知と言うよりも権威主義者が騙されたと言った方が正解かもしれないが。

 しかし「騙された」と言っても、決して過去形ではなく、現在進行形で騙され続けている状態が続いている。

■「パンドラの箱」と「玉手箱」

 さすがに4回目ともなるとコロナワクチン接種も下火になってきたので、今度はインフルエンザが流行ったことにしてmRNA化したインフルエンザワクチンを大量接種しようと画策しているのかもしれない。その前にサル痘で天然痘ワクチンを接種するように仕向けるかもしれない。

 現在流行しているインフルエンザもサル痘も、コロナワクチン接種による免疫力低下が引き起こしているワクチン後遺症と考えた方が理に適っていると思われる。小学生はコロナワクチンを接種していない場合も多いことから、シェディングの影響も考えられる。

 しかし、全てコロナのせいだと洗脳されている人が多過ぎるため、延々とワクチン接種が行われ続けるのかもしれない。これでは、火に油を注ぐようなものであり、本来なら放っておけば自然に治る病がどんどん重症化していく危険性がある。

 一連の騒ぎで、コロナウイルスを「パンドラの箱」に喩えた人は少なからずいたと思うが、コロナワクチンは「玉手箱」のようなものかもしれない。

 浦島太郎が、龍宮城からの帰りに乙姫から「何があっても絶対に開けてはいけません」と言われて手渡された玉手箱。しかし、浦島太郎は乙姫との約束を破り玉手箱を開けてしまう。その結果、浦島太郎は箱から出てきた煙を浴びて年寄りになってしまう。

 コロナワクチンを接種した人の多くは免疫力低下という事態を招く。それは別の言い方をすると、年寄りになることを意味している。どれだけ年を取るかは個人差があると思われるが、コロナワクチンを接種したことで運悪く寿命に到達してしまい死を迎えた人も大勢いる。

 彼らからすると乙姫は「陰謀論者」ということになるのだろうか。
 逆の立場で言うと、「何があっても絶対に打ってはいけません」と言っていた人達は、彼らにとっては乙姫のような存在だったのかもしれない。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 20:53 | Comment(0) | コロナ問題
2022年06月18日

周回遅れの「帯状疱疹」報道の裏側


■「帯状疱疹」の原因は「コロナワクチン」の可能性

 なぜかテレビでは今頃になって、「帯状疱疹(たいじょうほうしん)が流行している」という報道が行われている。テレビに出演している専門家の言うところでは、コロナに感染した人は、感染していない人に比べて15%程発症率が高いということだった。

 テレビでは、なぜ急に「帯状疱疹」が流行し出したのか?ということを問題視した報道が行われているわけだが、その考えられる理由として「コロナ」や「コロナ禍」を出すことはあっても、「コロナワクチン」には全く触れようとしない。その露骨な姿勢からは、違和感よりも悪質ささえ感じてしまう。

 「帯状疱疹」という病は、ウイルス性の疾患であり、主として子供の頃に水疱瘡(みずぼうそう)に罹患した人の体内(神経節)に残留していたウイルスが、宿主の免疫力の低下により抑制が効かなくなることで発症すると言われている。症状としては、神経が痛み出した後に、皮膚の表面に帯(おび)状の疱疹(ほっしん)ができることで発症が判明する。
 通常は、発症後に抗生物質を投与することで症状が収まると言われているが、なぜウイルス性の疾患に抗生物質が効くのかは不明。

 「帯状疱疹」は、加齢による免疫力の低下と密接な関係がある病とされているが、この1〜2年で人間の免疫力に影響を及ぼすものはなかったか?と考えると、真っ先に原因として浮かんでくるのは、「コロナワクチン」の接種ということになる。真っ先とはいかなくても、少なくとも原因の1つとして考えられることは誰にでも解ると思う。

 「コロナワクチン」は接種する度に免疫力が低下する可能性があることは知る人ぞ知るところだが、ほとんどの人はそういった情報を知らない。テレビや専門家の言うことを鵜呑みにしている人は、そういった情報には触れることができない構図になっている。

■様々な病の流行(マッチポンプ)にご用心

 ディープステートが支配する大手マスメディアでは表立ってコロナワクチンの真実を言ってはいけないことになっているのか、「コロナ」や「コロナ禍」のことは述べても、絶対に「コロナワクチン」の負の側面には触れようとしない。本当のウイルス専門家であるなら、真っ先に「ワクチン」に疑いの目を向けるはずだが、疑問を抱くという姿勢すら見せようとしない。まるで始めから「ワクチン」という選択肢は無いかのように。

 医者がテレビで「帯状疱疹の原因はワクチン」などと言おうものなら、先日の報道ステーションに出演したNHK党の立花孝志氏のように“放送事故”扱いになってしまうだろう。なぜそうなるのかと言うと、マスコミの忖度が働いているから。誰に? もちろん、日本を占領し世界を牛耳っているディープステートに対して。

 医療業界というのも大手マスメディア同様、ディープステートの支配下にあるため、虚偽に塗れている。コロナ禍でそういった隠された事実に気付いた人も大勢いると思われるが、今後、ワクチン接種による免疫力の低下がどんどん激しくなり、様々な病の流行が考えられる。

 現在の「帯状疱疹」と同様に、その原因を「コロナ」や「コロナ禍」のせいにするのは目に見えているので、騙されないように注意しよう。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 17:18 | Comment(0) | コロナ問題
2022年05月25日

「ワクチン接種者」を「ワクチン未接種者」としてカウントしていた厚生労働省


■堂々と不正行為を行う厚生労働省

 昨年(2021年)の超過死亡数は67,745人だったが、今年(2022年)の1月から3月までの3ヶ月間の超過死亡数は38,630人となり、このペースで進むと、2022年度の超過死亡数は10万人を大きく超える可能性が高くなってきた。

 厚生労働省はこの超過死亡数については沈黙している。同省は「ワクチン接種者」と「ワクチン未接種者」のどちらがコロナに感染しやすいのかという統計を取るために、それぞれのカウントを行っていることになっていたが、医者がワクチン接種者に確認した報告書に接種した日付が記入されていなかった場合は、ワクチンを2回接種した人であっても「ワクチン未接種者」としてカウントしていたことが判明した。
 注目すべきは、統計に誤りがあったということではなく、意図的にデータを改竄していたことが判明したということ。

 接種日不明の「ワクチン接種者」を「ワクチン未接種者」として扱った場合、「ワクチン未接種者」のコロナ感染率の方が高くなっていた。しかし、その不明分を除くと逆に「ワクチン接種者」の方が感染率が高い場合(主に中年層)があることが判明した。

 ただ、ここで注意するべきは、不明分とはいえ、ワクチンを接種していることに変わりはないわけだから、本来であれば、カウント除外するのではなく、「ワクチン接種者」に分類しなければおかしいということ。
 もし、不明分を「ワクチン接種者」として再カウントすると、圧倒的に「ワクチン接種者」の方が感染率が高くなってしまうので、官僚らしく上手いこと誤魔化したのだろうと推察する。

 面白いニコニコ動画を見つけたので参考までに。

 ランボー怒りの厚労省データ改ざん(豚ゴリラさん)

■国家を超えた権力者からの命令で動かされている政府

 公の政府機関が堂々とこういう詐欺行為を行っているのを見せつけられると、暗澹たる気分になる。詐欺と言うより犯罪に近いと思えるが、全くと言っていいほどお咎め無し。

 なぜ、こんな信じ難い不正が行われていても大して問題にもならないのかと言うと、このコロナ騒動を演出している存在が国家や法律以上の存在であるからだと思われる。そうでも考えないと辻褄が合わないし、逆にそう考えると、全ての疑問点が1本の線となってクッキリと輪郭が浮かび上がってくる。

 国家や法律というものは、一般庶民を縛るために有るものであり、真の支配者層を縛ることはできないということ。
 ちなみに、「憲法は国家権力を縛るためにある」というのも疑わしくなってきた。国家内の権力者であれば縛ることができるが、国家を超えた権力者がいるなら縛ることはできない。

 日本の政治家や官僚は、この国家を超えた権力者達の計画を知ってか知らずか、その謀略の陰に隠れて利権を貪っているような状態。ほとんどの国民は、そういった実態を知らないため、悪夢のような衆愚政治が行われ、自分自身がその主人公になっていることにも気付かない。

 しかし、厚生労働省が統計詐欺を行ってまでワクチンを接種させなければならない理由とは何なのだろうか? 単なる利権やお金儲けだけでそこまでする必要が有るとは到底思えない。先述した超過死亡数を考えると、殺人行為と批判されてもおかしくない。

 いずれにしても、現在の政府は、国家を超えた権力者からの命令で動かされていることはほぼ間違いなさそうだ。

 もしそうでないなら、現在の政府は救いようのない盆暗政府ということになってしまう。



------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 23:38 | Comment(0) | コロナ問題
2022年05月21日

なぜ今頃になって「マスク不要論」が浮上してきたのか?


■周回遅れのマスク議論

 後藤厚生労働大臣は記者会見の場で、次のような見解を示した。

 「屋外では、周囲との距離が十分とれなくても、会話が少なければ、必ずしもマスク着用の必要はない

 こんなことは疾うの昔に分かり切っていたことだと思われるので、何を今更感が拭えない。

 他国では、周囲の距離や会話の有無に関係なくマスクをしている人を探す方が苦労するという状況下であるにも拘らず、相変わらず、日本だけは異質であり、今頃になって、ようやくマスク着用の条件を考え直すという周回遅れな議論が行われている。

 スーパーのレジ等に並ぶ場合も、2mの距離(ソーシャル・ディスタンス)を取ることを強要されるが、レジから出ると、2mの距離などお構い無しに買い物袋に商品を詰め込む人々が犇めき合っている。もちろん、レジに並ぶ前も同様で、買い物をしている最中も2mの距離など誰も意識していない。レジに並ぶ時だけ建前として距離を取っているだけで、危険なウイルスが蔓延しているなどという認識を持って生活しているような人はほとんどいないかに見える。

 話は変わって、今年のゴールデンウィークに、日帰りで人里離れた某寺院を訪問した。無論、ノーマスクで過ごした。
 その寺の数百段ある石段を運動がてらに登ってみたが、マスクをせずに登っても息切れして何度も休憩しなくては登れなかった。
 しかし、他の多くの人は、そんな長い石段でも御丁寧に不織布マスクを付けてゼイゼイ言いながら登っていた。中には高齢者もおり、熱中症か酸素不足で卒倒するのではないかと本気で心配してしまうほどだった。

 その苦行僧のような姿を観て、正直、なんて馬鹿真面目な人達なんだろうか…と哀れみを感じた。人里離れた山奥にまで危険なウイルスが蔓延していると信じ込んでいるのであれば、立派なカルト教(コロナ教)信者であり、ここまでくると、もはや救いようがないな…と感じた。

■マスクが不要になればシェディング被害が拡大する?

 そんな世間の可笑しさを知ってか知らずか、今回の後藤厚生労働大臣の見解にコロナ教の人々はどう感じ入るのだろうか? 彼らにとって厚生労働大臣は、コロナ教幹部のようなものだろうから、少しはマスクの必要性(TPO)を考えるようになっていくのだろうか?

 しかし、なぜ今頃になって、政府が重たい腰を上げつつあるのか少々、疑わしい部分もある。

 最近、よく感じるのは、ワクチン接種者から異臭がすること。一般的には「シェディング臭」と言われているらしいが、昨年まで全く体臭が無かった人まで同じ臭いがする。まさか全員が同じ香水を付けているわけではないだろうから、明らかにワクチンが原因の異臭だと言える。

 その「シェディング臭」はマスクを付けることで少し緩和(防御)できるが、マスクを外すとかなりキツい臭いがする。ワクチン接種者はワキガや加齢臭と同様、自分の臭いは感じないようだが、「シェディング臭」はその名が示す通り“伝播”するものなので、ワクチン未接種者までシェディングの影響で体調が悪くなるとの報告も上がっている。

 そう考えると、「シェディング臭」が酷くなった現状では、むしろ人前ではマスクを付けることがシェディング被害を抑える効果が有るかもしれない。効果の有無に拘らず、あの異臭は生理的にも受け付けないという人が多そうなので、マスクを付ける必要がなくても、別の理由で付けざるを得ないということになるかもしれない。

 そんな状況で今回の「マスク不要論」。政府が意図しているかどうかは不明だが、これでは、シェディング被害が増加する可能性も否定できない。

 よく言われるように、参議院選挙が近付いてきたので少しでも印象を良くするためだけの布石とも考えられるが、マスクを外すことによって、ワクチンのシェディング被害が増加することになれば本末転倒ということになってしまいかねない。



------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 13:00 | Comment(0) | コロナ問題
2022年05月19日

「ワクチン」と「抗がん剤」の共通点とは?


■2年半で初めてのコロナ感染者にため息

 コロナ騒ぎが始まって早2年半が経過しようとしているが、遂に、田舎の親戚でコロナに感染したという人が出た。と言っても、別に驚いているわけではなくて、これだけの騒ぎになって、ようやく1人だけか…という違う意味での驚き。

 聞けば、発熱はしなかったようで風邪のように喉に違和感が有っただけらしい。原因は同じ職場の人のコロナが伝染ったということだった。1週間の入院を余儀無くされたらしいが、既に退院して会社に出勤しているそうだ。

 その人はコロナワクチンを2回摂取しているが、今回、コロナに感染したという理由で3回目のワクチンを摂取するつもりであるらしい。

 しかし、コロナワクチンを摂取していてもコロナに感染したということなら、普通は、ワクチンの効能に疑問を抱くか、コロナに感染・回復したことで自然抗体ができたという理由からワクチン追加摂取の必要性を感じなくなるかのどちらかだと思うのだが、どうもコロナ脳の人は、そういう発想にはならないらしい。

 では、どんな考えを持つに至ったのかというと、以下のようになる。

 「ワクチンを摂取していてもコロナに感染してしまったので更にワクチンが必要だ

 もうここまでくると、あまりにも馬鹿馬鹿し過ぎて、アドバイスする気も失せてしまう。

 おそらく、その人は、ただの風邪か、ワクチン摂取による免疫力低下により、風邪らしきものに罹患したのだろうと推察する。喉の調子がおかしいという理由からPCR検査を受けたことで、偽陽性の判定結果が出て運悪くコロナ患者になってしまったのだろう。

 通常、熱が出ない肺炎などというものは有り得ないと思うが、そんな状態で、なぜコロナ感染を疑ってしまうのだろうか?
 結果的には1週間入院して特に治療することなく治ったということなので、自宅で静養していれば同じように治っていたはずだ。それをわざわざPCR検査を受けてしまうからコロナ患者になってしまう。

 PCR検査が如何に出鱈目な検査かということも知らず、ワクチンの副作用(免疫力の低下または免疫の異常暴走など)も知らない人だと、結局、こういう悪循環に陥ってしまう。そのことを親身になって諭したところで「陰謀論者」扱いされるだけ。つくづく、無知は恐ろしい。

■癌の予防に「抗がん剤」を全国民に勧めるとどうなるか?

 今の日本人の多くは、「ワクチン」と「抗がん剤」を同じようなものだと思っている人も結構いるのではないかと思う。共通点は、無条件に良いものだという思い込み。

 癌が増加しているという理由で、全国民を対象に抗がん剤を投与しましょうということになると、本当に大部分の人が抗がん剤を打ってしまいかねない。もしそんなことになると、地上に阿鼻叫喚地獄が現出することになる。

 結局、そうなってしまうのも、癌という病気を知らず、抗がん剤がどういうものであるかも知らないという無知が招く悲劇だと言える。

 以前、世界中の医師に対する匿名のアンケートで、「あなたやあなたの家族が癌になった場合、抗がん剤を使用しますか?」というものがあった。

 これに対する医師達の回答は、271人中、270人が「ノー(いいえ)」だったというのは、あまりにも有名だ。無論、マスコミは報道しないので、そんなアンケートが有ったことすら知らない人がほとんどだろうと思う。

 自分や家族には使用しないものを他人には平気で使用しているという後ろめたいことが行われているわけだが、これも結局、患者側の無知に起因している。患者達が抗がん剤というものがどういうものかを詳しく知っていれば、先のアンケートに応えた医師達と同様、誰も抗がん剤の投与などは希望しないと思われるが、知らないが由に投与してしまう。ワクチン同様、無知であるが由に、その危険性に気付かない。

 これまでこういった医療界の不都合な真実は、知る人ぞ知る情報だった。ゆえにヘタにそんな情報を開陳しても「変人」扱いされるだけなので、誰もが秘密にして語ることを避けてきた。
 その事実に気付いた人だけが健康に長生きできるという値千金の情報でもあったが、常識を超えなければ理解を得ることが極めて難解なものだっただけに、あまり公には発表できない代物だった。

 しかし、幸か不幸か、コロナ禍によって医療常識が破壊され、そういったことを語る空気が醸成されつつある。医療界の不都合な真実に気付く一般人も徐々に増えてきつつあるので、今後は、医療における真実の情報の多くが表面化されることになると思う。

 そういった情報を「陰謀論」扱いにするのではなく、真摯に受け入れることができるか否か、その判断の違いで、その人物の健康寿命は大きく変わってくるものと思われる。

 

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 20:50 | Comment(0) | コロナ問題