2019年12月22日

バランスの取れた生活こそが健康の基本


■101歳の現役医師が心掛けている生活

 今朝、新聞を開くと、ある本の宣伝が載っていた。書名は『101歳現役医師の死なない生活』(田中旨夫著)。スマホを使いこなす101歳の現役医師が心掛けていることが箇条書きで書かれていた。少し長くなるが、備忘録として記載しておきたいと思う。(新聞ではなくamazonサイトより一部転載)

 毎日30分の散歩で死ぬまで歩ける体になる
 太陽の光を1日15分浴びて認知症やがんを防ぐ
 昼寝の習慣をつけて、疲れ知らずになる
 毎朝、足腰の柔軟体操をする
 体には軽めの運動が一番いい
 ねこ背になっていないか、常に意識する
 「体によい習慣」を生活に根づかせる
 毎日15種類以上の野菜をとる
 野菜をとって体のサビを落とす
 ベジタブル・ファーストで脂肪を減らす
 粗食ではなく、肉をしっかり食べる
 ヨーグルト、チーズなどの発酵食品を欠かさない
 果物は少量でも毎日食べる
 体の土台となるカルシウムをたくさんとる
 老化を防ぐオリーブオイルをとる
 週一回、薬膳スープで細胞をよみがえらせる
 くつろいでいる時間に緑茶を楽しむ
 甘いものを食べない習慣をつける
 中高年は糖質制限をしないほうがいい
 塩分を減らして素材を味わう
 トランス脂肪酸を含むパン、お菓子、インスタントラーメンは食べない
 加工食品を口にしない
 水を1日に2リットル飲んで血行促進!
 薬は必要最低限に抑える
 体を甘やかすと衰えやすい
 ストレスが少しあるほうが体にいい
 何でも「ほどほど」の感覚で暮らす
 ボケ防止には脳トレではなく、楽しいことをする
 イライラすると損をする
 「今日からあと10年は頑張る」という決意を毎日する
 死ぬまで未知のことに挑戦する
 「できない」ことより「できる」ことに目を向ける

■全てはバランスの問題

 こうやって眺めてみると、いろんな健康本に書かれていることと重複している部分が大半なので納得できる内容だが、ここでは世間一般では意見が真っ二つに分かれている以下の3点に絞って感想を述べてみたいと思う。

○粗食ではなく、肉をしっかり食べる
○中高年は糖質制限をしないほうがいい
○水を1日に2リットル飲んで血行促進!


 まず、「粗食よりも肉が良い」という意見だが、世間では肉を食べると長生きできるという意見と、肉を食べ過ぎると病気になると意見が根強くある。
 一口に「肉」と言っても、赤身の肉、脂肪肉、加工肉など、様々なものが存在するので、ひとまとめにするのは少し乱暴だと思う。

 元気な高齢者には、なるべく肉を食べるようにしている人が多いと言われている。しかし、その肉というのは、おそらく「赤身の肉」のことであり、加工肉はあまり食べないという人が多い。本書にも「加工食品を口にしない」と書かれている通り、加工されていない肉の方が健康には良いということなのだろう。
 無論、これもバランスの問題であり、食べ過ぎてもいけないことは言うまでもない。

 次に「中高年は糖質制限をしないほうがいい」という意見。私も糖質制限経験者なので書かせてもらうと、これは中高年に限らず、あまり糖質制限し過ぎるのは身体に負担がかかると思われる。糖分を摂り過ぎて肥満の人や糖尿病の人が糖質制限するのはプラスだと思うが、普通の体型の人がそれ以上に痩せようと思い炭水化物を一切口にしないというのは行き過ぎであり、あまりオススメできない。自分にマッチした適度な糖質制限でよいと思う。

 極度な糖質制限をすると便秘になる人が多く、栄養のバランスが崩れる(不足する)と、脱毛する場合もあるようなので、栄養バランスというものにも注意した方が良いと思う。
 これもバランスの問題であり、過ぎたるは猶及ばざるが如しというのが正しいと思う。

 最後の「水を1日に2リットル飲んだ方がよい」というのは、何年か前に話題になったことがある。全米で100万部売れたベストセラー『病気を治す飲水法』という本を以前に読んだことがある。非常に興味深い本だったが、万人が1日に2リットルもの水を飲むというのは、ちと乱暴な意見かなと思えた。

 以前、みのもんた氏がテレビ番組の中で、老人に水を毎日2リットル飲むことを勧め、実際に毎日2リットルの水を飲んで死亡した老人の家族が、みのもんた氏を訴えた事件もあったぐらいなので、万人には適用できないと思う。
 やはり、これもバランスの問題であり、日頃、肉体労働で大量に汗をかく人と、一日中ほとんど動かず、発汗もしない人とを一緒にするのは無理があると思う。

 結局、全てはバランスの問題ということに落ち着いてしまったが、健康な生活とは、畢竟、バランスの取れた生活に他ならない。著者も書かれている通り「「体によい習慣」を生活に根づかせる」、それが健康の秘訣なのだろう。


------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 11:33 | Comment(0) | 健康