2022年06月05日

「大左翼」が支配する世界


■漫才のボケ役としての「左翼」

 日本国内で左翼の人が現実を無視したかのような非現実的なお花畑なことを言うと、決まって、保守の人がツッコミを入れる。そんな光景を我々はこれまで延々と見せられ続けてきた。

 例えば、「貧困を無くそう」、「飢餓を無くそう」、「不平等を無くそう」と言った台詞を臆面もなく語る姿は左翼の十八番としてよく知られている。もちろん、そういった理想を持つことは悪いことではないが、その理想に至る過程を全て素っ飛ばして、いきなり結果だけを求めるという非現実的な態度に対して常識人がツッコミを入れる。その構図は恰も、漫才のボケとツッコミのようなものであり、大抵の国民はツッコミを入れる方に肩入れすることになる。

 もちろん、その肩入れする方向性は間違っていない。なぜなら、およそ非現実的な理想論というものは、不断の努力無しには実現不可能な無理難題であり、その努力を初めから放棄している人間が語るべき台詞ではないからだ。

 しかし、これはあくまでも日本国内の話である。日本国内においては、左翼の非現実的な理想論には組しない多くの国民も、なぜか、海外(欧米)の左翼の語る理想論には何のツッコミも入れず、ただ黙って従っているだけという不可思議な行動を取っている。もちろん、保守と言われている人達の多くも、その姿勢は全く変わらない。

 その証拠に、欧米の左翼が決めた非現実的なお花畑目標には何の疑問もツッコミも入れず、黙って従っている。

■国内と国外で態度が変わる不可思議な世界

 先述した「貧困を無くそう」、「飢餓を無くそう」、「不平等を無くそう」という言葉は、実は、国連のSDGs(持続可能な開発目標)の中にあるアジェンダである。その左翼的な目標に日本の政治家も大企業も何ら疑問すら抱かずに黙って従っているという状態。強いて言うなら、トヨタ自動車の豊田章男会長が少しだけ脱炭素政策に苦言を呈した程度。

 この国内と国外で全く異なるという不可思議な姿勢は一体何を意味しているのかと言うと、答えは1つ、世界は左翼に支配されているということである。日本の左翼を「左翼」と位置付けるなら、世界の左翼は「大左翼」ということになるだろうか。

 結局、国内における「右翼」と「左翼」、または「リベラル」と「保守」の対立というものは、国内におけるガス抜きの見せ物でしかなく、本当は、大左翼が世界を牛耳っているということ。

 そして、大左翼とは決まって大富豪である。彼らに共通しているのは、国家意識を持たないグローバリストであり、唯物論者であると同時に不可知論者であるということ。そこに一切の例外はない。

  
------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 00:21 | Comment(0) | 国際問題
2022年05月05日

入国禁止になった63人の日本人の共通点とは?


■なぜ、共産党の志位和夫氏まで入国禁止になったのか?

 ロシア外務省は日本の制裁への報復措置として、岸田首相を含む63人の日本人を入国禁止にすると発表した。
 岸田首相以外の政治家としては、林 芳正外相、岸 信夫防衛相、高市早苗政調会長、そして、共産党の志位和夫氏など、その人選には与党・野党の区別はないようだ。

 この発表を聞いて「あれっ?、なんで共産党の志位氏が入っているの?」と疑問に思った人は多いかもしれない。共産主義国家の独裁者だと思われているロシアのプーチンが、なぜ、共産党に報復措置を取るのだろうか?と。

 図らずも、その疑問点にこそ、現在のロシアを解く鍵(ヒント)が隠されている。
 その「鍵」とは何かと言うと、現在のロシアが敵視しているのは、国の伝統や文化を否定するグローバリズム勢力だということである。

 周知の通り、今回のウクライナ問題では、日本の与党・野党に関係なく、全ての既存政党はロシアを批判している。リベラル・保守の立場に関係なく、ゼレンスキーを持ち上げているのも周知の通り。

 なぜ、そんなことになるのかと言うと、日本国内の右派や左派の違いというのは、ジャパンマトリックス内での対立でしかなく、ワールドマトリックス内では、同じようなものだからである。

■軽はずみな宣戦布告を行う高市早苗氏

 「敵の敵は味方」だと言われることがある。日本国内の右派と左派というのは、ちょうど、そういう関係に近い。ただ少し違うのは、本当の敵が見えていないというところ。そういう意味では「敵を知らない敵は味方」という可笑しな関係になっている。

 しかし、国際情勢を熟知したロシアの政治家からすれば、日本国内の右派と左派は同じようなものという共通認識を持っているため、グローバリズム勢力に組する人物は、同じ穴の狢という判断になったのだろうと思われる。

 自民党の高市早苗氏は、今回のロシアの報復措置に対して以下のような意見を述べている。

 「上等やないかいっ。招かれても行かんわい! 何故か関西弁になるんやが。

 まるで世の中を知らない子供のような発言だが、これが「保守」界隈で人気があるとされる与党政治家の言葉というのだから呆れてしまう。

 実質的に世界一の核保有国に対して、核を持たず、軍隊も持たず、アメリカが護ってくれるかどうかも怪しい状況下で、このような軽はずみな宣戦布告とも受け取れるような挑発発言を行うことは、国民の命を預かる政治家として恥ずべきことだと言える。政治家が無知な一般庶民と同じような感覚でロシア批判を行っているのだとすれば、残念と言うしかない。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 16:04 | Comment(0) | 国際問題
2022年05月03日

ラブロフ外相の驚愕の発言が意味するもの


■ヒトラーがユ○ヤ人というのは本当か?

 ロシアのラブロフ外相は、イタリアのテレビのインタビューで以下のような衝撃的な発言を行った。

 「ヒトラーにはユ○ヤ人の血が流れている

 これはもう究極のタブー発言だと言える。数年前の私なら「まさか…」と思ったかもしれないが、現在の認識では「やっぱり…」という感想になる。

 しかし、ロシアの外相がここまでの発言を行うということは、世界は相当、危険な状況に追い込まれていることを暗示している。ロシア側も今回のウクライナ問題の本質に触れない限り、泥沼の大戦争に突入する可能性を見越しての大きな賭け(これ以上続けるようなら秘密をバラすぞという脅し)に出たのだろうだと思われる。逆に、この切り札を出したことで戦争が激化する可能性も否定できないが。

 ゼレンスキーもユ○ヤ人なので、ラブロフ外相は、おそらく次のようなメッセージを発しているのだろうと思われる。

 「ゼレンスキーは現代のヒトラーである

 現在、しきりにプーチンを現代のヒトラーだと宣っている似非知識人達は絶句しているかもしれない。彼らにとっては到底受け入れることのできない驚愕の異次元発言だと思われるが、真実はいずれ明かされる時が来るだろう。

 真偽に関係なく、ヒトラーがユ○ヤ人だったなどという情報が世界中に知れ渡ると、ディープステートにとっては非常に都合の悪いことになる。近代の悲劇的な歴史そのものが全て彼らの演出だったということがバレてしまうことになりかねないので、どんな手段を使ってでも潰しにかかってくるだろう。

 西側諸国の全マスコミはディープステート放送局と化しているので、どんな風に報道されるか興味深い。完全に無視するのか、その逆か、いずれにしても、ただでは済みそうにない。

 そう言えば、手塚治虫の『アドルフに告ぐ』もフィクションながら、真相に触れてしまったようなストーリーだった。


------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 14:19 | Comment(0) | 国際問題
2022年04月30日

墓穴を掘っている保守言論人達


■ロシアから敵国認定された日本

 この国の保守の劣化ぶりは凄まじく、ソ連とロシアの違いを知らずに言論を行っている姿をよく見かける。ソ連が1991年に崩壊したことを知らない言論人はいないはずだが、ロシアになってもソ連の共産主義はまだ続いていると思い込んでしまっているのだろうか。

 今回のウクライナ問題について間違ったことを語っている保守言論人達は、完全に墓穴を掘ってしまったと言える。今ならまだ引き返せるが、このまま間違いを改めない場合は、近い将来、自分が掘った穴に入りたいという状況に追い込まれることは必至とも言える。

 政府も言われるままにウクライナを擁護するあまり、ロシアから敵国認定されるに至っている。もし今回のウクライナ問題でロシアの言い分が正しかった場合、どうやって言い訳するつもりなのだろうか?
 保守言論人は穴に入れば隠れることができるが、政府は隠れるわけにはいかない。政権交代して逃げたところで、政府が行った間違いは許されず、その罪は国民の責任として転嫁されることになる。

■大左翼を擁護する「リベラル保守」

 ソ連は崩壊した後、国営化されていた組織が民営化され、その結果、ロシアには「新興財閥」というものが生まれた。その新興財閥は「オリガルヒ」と呼ばれ、日本語に訳すと「寡頭支配勢力」という意味になる。元々ソ連にいたノーメンクラトゥーラと欧米のディープステートが民営化によってソ連を乗っ取った形になる。

 そのオリガルヒをロシアから追い出したのがプーチンであり、そのプーチンからもう1度、利権を取り戻そうとしているのが現在のNATOである。NATO(北大西洋条約機構)というのは、共産主義(ソ連)に対抗する組織として設立されたものなので、現在のロシアと敵対化しているのは不自然と言うしかない。

 米ソの冷戦というのは、見せかけのものであり、本当の冷戦はプーチンの出現によって米ロ冷戦として始まった。米ソ冷戦時代にソ連を支配していたのはディープステートだったが、米ロ冷戦は、プーチンがディープステートを追い出したことで始まった。

 ソ連とロシアの大きな違いはここにある。作られた冷戦構造で生まれた国がソ連であり、作られた冷戦構造を破壊したのがロシアだということ。ロシアはかつてのソ連のような共産主義国家ではなく、独立国家なのである。
 その証拠に、トランプ大統領はロシアのオリガルヒを批判していた。

 独立国家とは、保守が理想とする国家形態であり、その独立国家を否定しているのが、現在の似非保守達という構図になっている。戦後、日本の保守は、洗脳教育によって大左翼(ディープステート)を擁護する「リベラル保守」に変化してしまった。



------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 10:02 | Comment(0) | 国際問題
2022年04月27日

「マクロンジャンプ」と「ルペンルーズ」が発生したフランス大統領選


■アメリカに次いでフランスでも…

 2022年のフランス大統領選の結果は、マクロン大統領が再選されることになったものの、案の定、「不正が有った」と騒がれており、フランス各地でデモが行われているらしい。もちろん、日本では全くと言っていいほど報道されていない。

 フランスでは前回2017年の大統領選(マクロン vs ルペン)でも不正が有ったと騒ぎになったことがある。しかし、前回の選挙はマクロンのダブルスコア勝利だったため、不正の有無に関係なくマクロンが勝利していただろうという判断からか有耶無耶になった経緯がある。

 しかし、今回のフランス大統領選では、ルペンが予想外(予想通り)に追い上げていることから、不正の有無によっては結果が変わっていた可能性があるということで、大きな騒ぎになっているものと思われる。

 ところで、マクロンは「中道」扱いで、ルペンは「極右」扱いになっており、マスコミは「極右」のルペンが健闘したことで「分断が進んでいる」と報道している。
 しかし、実際のところは、マクロンは「極左」のグローバリストであり、ルペンは「愛国」の反グローバリストという位置付けになる。「愛国」で「分断が進んでいる」という理屈はどう考えてもおかしい。

■「バイデンジャンプ」ならぬ「マクロンジャンプ」

 今回のフランス大統領選でも、アメリカ大統領選と同様、突然、マクロンの投票数が急激に増えるという、「バイデンジャンプ」ならぬ「マクロンジャンプ」が発生した。逆にルペンの投票数が明らかに減少するという「ルペンルーズ」も発生しており、誰が見ても不自然な動きが有ったと言わざるを得ない状況となっている。

 アメリカ大統領選で不正を目の当たりにしたフランス人の多くは、流石に今回は大人しく黙っているわけにはいかなくなったのかもしれない。

 マクロンは強権的な「ワクチンパスポート」の実施を試みて多くのフランス国民からバッシングされたことも記憶に新しい。日本でならこのての大統領がウケるのかもしれないが、元々、いい加減な政府を信用していないフランス人の多くは、このての独裁的な政治を行う人物を嫌う傾向にある。

 しかし、ディープステートのお膝元であるアメリカに次いでフランスでも不正選挙が行われたとなると、今度は日本でも…とならないことを祈りたい。



------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 21:38 | Comment(0) | 国際問題