2022年11月26日

「世界一の識字率」なのに「世界一の奴隷国家」の日本


20221126.png

■識字率が世界一高い日本人は優秀なのか?

 日本は世界一、識字率が高い国と言われることがある。一般的に、日本人は識字率が高いので優秀なのだという意味で使われる。
 しかし、その世界一を誇る識字率を持つ国民が、なぜか、世界一、政府に従順で、世界一、マスコミを信じているということも知られている。

 この皮肉な結果が意味することは、以下の通り。

 識字率が高いということは、物事を考える思考力が高いということではなく、政府やマスコミの発表を鵜呑みにする能力が高いということ。

 なるほど、文字を知らず、文章が読めなければ、自ずと政府やマスコミの嘘に触れる機会も減少し、逆に、自らの頭や直感で物事を判断する傾向が強くなるのかもしれない。

 まともな政府やマスコミであるなら、識字率が高いことは大きなメリットになるかもしれないが、そうでない政府やマスコミを抱えた国では、識字率が高いことはデメリットになる可能性が高くなるというわけだ。

■真実を見抜く能力(洞察力)は、識字率の高低とは関係がない

 コロナワクチン接種が開始されて、1年半が経過し、案の定、ワクチン被害を訴える人々が増加してきた。こうなることは当初から分かっていたので、ワクチン接種が開始される前から、まともな有識者達は、コロナワクチンに対して警告を発していた。私もその1人だが、そういった人々は陰謀論者扱いにされて、聖書に登場するノアの如く、鼻で笑われ、まともに話を聞いてくれる人はほとんどいなかった。

 現在、コロナワクチンで被害を被って、被害を訴えている人の中にも、真実を発表している人間に対して「陰謀論者だ」と言って嘲笑していた人も少なからずいたのではないだろうか。

 この皮肉な結果からも、真実を見抜く能力(洞察力)は、識字率の高低とはあまり関係がないことが窺える。無論、学歴ともあまり関係がない。

 高学歴者であってもワクチンの本質に気付けた人はほとんどいなかったことが、そのことを如実に証明している。実際に、東大や京大を卒業した人であっても、ワクチンを礼賛し、「反ワクは馬鹿だ」と罵っていた人が大勢いた。

 識字率の高さや勉強ができるという能力は、他人から与えられた課題を吸収する能力(記憶力)が高いというだけに過ぎず、自分の頭で1から考える能力が高いことを意味していない。

■現代人に必要な「疑って考える能力」

 昔から、本当に頭の良い人は、シンプルに考えることができる人であり、難しいことを簡単に伝えることができる人だと言われる。識字率の高さからくる勉強ができるという能力は、難しいことを難しいまま伝える能力のようなものであり、難しいことを自分の頭で咀嚼して、簡単に伝える能力のことを意味していない。自分の頭で考えて再構築する能力がないからこそ、難しいことを難しいまま伝えることしかできない。

 知識を頭に詰め込むことしかしてこなかった現代の記憶教育の弊害は、こんなところにも現れている。その知識が正しければ良いが、その知識が意図的にねじ曲げられた嘘であった場合、致命的な事態を招くことになる。

 ワクチンが病気を予防するというのも、実は間違った知識であり、そのことを理解するためには、識字率の高さも学歴もあまり関係がない。文字を書けなくても、情報を聞いて正邪を判断することは誰にでもできる。

 現代人に必要なのは、間違った常識に縛られず、自分の頭で1から物事を考え直すことのできる能力であり、その能力というのは、古今東西の学者達が最も必要とした「疑って考える能力」のことを意味している。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 11:49 | Comment(0) | コラム
2022年11月23日

「ムビチケ」の「イベント割」に疑問


20221123.png

■「イベント割」という名のワクチンパスポート

 「ムビチケ」を運営するムービーウォーカーは「イベント割」というものを発表した。

 内容は、新型コロナウイルスワクチン接種証明書があれば、映画料金を割引するというもので、これまでのワクパスと大きく違っているのは、PCR検査の陰性証明だけでは不可というところ。

 私自身、ここ3年は全く映画館に行っていないので、個人的には関係のないキャンペーンだ。しかし、以前から「ムビチケ」の会員にはなっているので、少しショックを覚えた。こんなワクチン非接種者を差別するようなことを行う企業の会員でい続けるのは抵抗があるので、キャンペーンに反対する意思表示として退会させていただくことにした。

 実際、マスクを着用して映画を観る気はないし、ワクチン臭が酷過ぎて映画館に入る気もしないので、当分の間(コロナ禍が終わるまで)は、映画館に行くことはないと思う。一体、いつになることやら…。

■映画館からVOD(動画配信サービス)へ

 最近は、コロナ禍のせいで映画館に行くことがなくなったので、代わりに自宅に大画面スマートテレビを購入し、自宅で映画を観るようにしている。レンタルだけでは、品揃えが足りないので、VOD(動画配信サービス)も利用している。

 NETFLIXは未契約だが、AmazonPrimeVideo、Hulu、U-NEXTと、主立ったサービスを利用してみて気付いたことがある。それは、これまで盲点になっていたレンタルショップの見えざる欠点だった。

 消費者がレンタルショップからVODに流れている理由は、経済的なお得感と、物理的な面倒臭さだと思っていたが、実はもう1つ、大きな理由が有ることが分かった。それは、画質のミスマッチ問題。

 レンタルショップでは、未だDVDが主流であり、ブルーレイはあまり置いていない。ブルーレイ再生プレーヤーが1万円以下で販売されているにも拘らず、DVDプレーヤーしか持っていない人が多いため、レンタルショップもDVDをメインにするしかない。それ以前に、人気タイトルしかブルーレイ化はされないため、レンタルショップはいつまで経っても低画質のDVDのままだ。

■「テレビの大画面化」と「低画質DVD」のミスマッチ

 ブルーレイは、40インチのテレビで観るのが最も適していると言われる。つまり、それ以上のサイズのテレビでは、画質の粗さが目立つということ。
 昨今のテレビの大画面化もあって、例えば、50インチの4KテレビでDVDを再生すると、お世辞にも綺麗とは言えない画質になる。4K補完機能が付いているテレビで観れば少しはマシになるものの、補完時における遅延や不自然なムラも目立つ。(この辺は多少、テレビの質に依存するのかもしれない)

 どんどん拡大するテレビの大画面化とDVDのミスマッチ。この問題をクリアしているのが、VODだ。
 しかしながら、各VODで、配信される動画の質は異なっている。NETFLIXは、料金プランによって3段階の画質が選択できるが、最も安価なプランではDVD並みなので、大画面で観るには、ミドルクラス(ブルーレイ並み)か、ハイクラス(4K並み)で契約しなければならない。

 HuluとU-NEXTは、最も高画質の映像を自動で観ることができる。実際に観てみると、ブルーレイよりも綺麗に見えることがある。

 HuluとU-NEXTのどちらが良いかは難しいところだが、ドラマ好きならHulu、映画好きならU-NEXTと言ったところだろうか。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 11:45 | Comment(0) | コラム
2022年10月09日

「マーガリン」は本当に食べてはいけないのか?


20221009.png

■「マーガリン」という不健康食

 最近は、かつてないほどの健康食ブームが芽生えつつあるようで、食品添加物や身体に悪い食べ物に敏感になる人が徐々に増えつつあるようだ。

 特に、毎日食する水や塩、砂糖や味噌、コーヒーなどは、なるべく天然の物が欲しいという人が増えて、多少、値段が高くても、これまで以上に売れる傾向にあるらしい。

 私自身も、何年も前から、水・塩・砂糖には拘ってきたので、そのままの水道水は飲まないし、天然の天日塩を買い、白砂糖も食べなくなった。ついでに言うと、牛乳も飲んでいないし、マーガリンも食べていない。牛乳もマーガリンもいろんな食品(主に菓子類)に入っているので、全く食べていないわけではないのだが。

 食品については1点、1点、個別にブログ記事が書けそうだが、今回は、マーガリンについての個人的な考察を書いてみたいと思う。

 前回の参議院選挙で、彗星の如く現れた参政党の吉野氏が、街頭演説で食品添加物の話をよくされていたので、身体に悪い食べ物というのが世間に広まる手伝いをしたと思われるが、最近では、何かと話題のごぼうの党の奥野氏がマーガリンのことについて述べておられる。

 奥野氏曰く「マーガリンは世界中で販売が禁止されているのに日本だけが堂々と販売されている」ということで、「マーガリンも禁止することのできない現在の政府には何も期待できない」と言われている。

■「食べられるプラスチック」としてのマーガリン

 よくマーガリンは「食べられるプラスチック」と言われることがある。マーガリンは腐らないし、蟻もたからないので、そう呼ばれるようになったのだと思うが、腐らないというのは本当だと思うが、蟻もたからないというのは少し言い過ぎであり、実際に実験して蟻がたかることを確かめた人もいるようだ。

 マーガリンが世界中で危険だと言われる理由は、腐らないからという理由ではなくて、トランス脂肪酸だからという理由が大きい。

 トランス脂肪酸とは、植物油を高温にして脱臭する工程で生じる脂肪酸のことであり、米国食品医薬品局(FDA)は2013年の段階で「トランス脂肪酸の使用を全面的に禁止する」と発表している。

 一説では、トランス脂肪酸は、悪玉コレステロールを上昇させ、善玉コレステロールを低下させる働きがあることから危険だと言われることがあるが、私はこの意見には懐疑的だ。コレステロールに善玉も悪玉もないことを証明された科学者もいるので、コレステロール悪玉論はガセネタである可能性が高い。

■「マーガリン」が危険な本当の理由

 ではなぜ、トランス脂肪酸が危険なのかと言うと、ほぼ自然界には存在しない化学式を持った物質であるからだ。
 自然界に存在しない化学式を持った物質がなぜ危険であるのかと言うと、人間の身体がその物質をどう処理するのか分からないからである。

 自然界にある化学式を持った食物であれば、人間の身体は、栄養素を正しく分解して処理してくれるが、自然界にない化学式を持った食物は、それが正しくできるかどうか分からない。
 人間の消化器官(胃腸)が、自然界に存在しない不自然な物質を吸収せずに、不用物として(便として)排出してくれるなら、特に危険性も無いのだろうけれど、それが分からないということが危険だということ。
 不自然な物質が間違って身体の隅々にまで行き渡ってしまうと、どこかで健康上、大きな問題(病)が発生する可能性があるという意味で危険なのである。

 とはいえ、私自身も小学生の頃から学校の給食でマーガリンを食べさせられたし、大人になってからも好んで多くのマーガリンを食してきた。それでも、これといって、それが原因と思われる病を発症したわけではないので、本当にそこまで危険な食物という実感が湧かない。

 私の高校時代の先生などは、お腹が減ったら、マーガリンを1箱まるごと食べるという人がいたが健康そうに見えた。もしマーガリンが危険な食べ物であれば、あの先生はもうこの世にはいないと思われるが、確認はしていない。

 

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 09:21 | Comment(0) | コラム
2022年06月16日

「目は口ほどに物を言う」偽善者達


■「目は口ほどに物を言う」ゼレ○スキー

 「目は口ほどに物を言う」という言葉がある。その意味は、言うまでもなく、その人物が何かを語る以前に、その人物の目を見れば、その人物の本性が分かるというもの。

 私の場合、相手の目を見るとその人物が何を考えているのか分かってしまう…というのは言い過ぎだが、その人物の人間性は大体分かってしまう。これまでの経験上、概ね99%は当たっていると思うが、ごく稀に分からない人もいる。多分、自分自身の認識力を超えた人は何を考えているか分からないということなのだろうと思う。分かりやすく言うと、大人は子供が何を考えているのか分かってしまうが、子供は大人が何を考えているのか分からないというのと同じようなものかもしれない。

 高所から低所は見えるが、低所から高所は見えない。その高低の差は俯瞰的な「認識力」の違いということになるのだろうか。

 現在の有名どころでいうと、ゼレ○スキーという人物はどう見えるのかと言うと、私には“悪人”に見えてしまう。風体が悪人に見えるというのではなく、その眼光からは、なにか後ろめたい思惑を抱えているように見えてしまう。では、プーチンはどう見えるのかというと、彼の場合は正直分からない。先に述べた99%の中に入らない人物なのだろうと思う。

 世の知識人と言われている人の中には、ゼレ○スキーを英雄のように持ち上げている人もいるが、私からすると、人を見る目が全く無い人なんだな…と思えてしまう。

■「目は口ほどに物を言う」政治家達

 ついでに言うと、日本の政治家等は、ほとんどが“嘘吐き”に見えてしまう。嘘を語っている人間の目はどうしても曇りがちになり、その目からはどんどん輝きが失われていくことになる。
 そのせいもあるのか、政治家の人相は年齢とともにどんどん悪く(険しく)なっていく。所謂、険の有る顔になっていくと言えば、誰もが納得してくれるのではないかと思う。

 世の中の多くの人は、見た目よりも、人間の言葉に騙される。どれだけ人相が悪い人であったとしても、巧みな言葉遣いにコロッと騙される人がいる。この場合の「人相」とは、骨相学的な容姿や美醜のことではなく、心の状態が表れた目のこと。

 正直に真実を語っている人間の目は活き活きと輝いて見えるものだが、本心とは裏腹な虚偽を語っている人間の目は、爛々と輝いて見える。その目の輝き(正邪)の違いが分からない人は、「始めに言葉ありき」で、言葉だけが判断材料となり、騙される傾向にある。

■「目は口ほどに物を言う」専門家達

 コロナ禍を語る専門家の目も同様で、テレビに出演している専門家達の目は大抵曇っており、中には爛々と輝いて見える人もいる。彼らがどんなに綺麗事を語ろうとも、その目に宿る疾しさを隠すことはできない。

 少しややこしいのは、一般人と同じように洗脳されている無知な専門家もいるので、そういった人物は自分は正しいことを語っていると思い込んでおり、善人のように見えてしまう場合がある。言わば、カルト教にドッブリと嵌った熱烈信者のようなものであり、教義自体が間違いでも本人は正しいと思い込んでいる状態。

 そういった人物の正邪を見分けるためには、直感だけでなく、最低限の専門知識も必要になってくる。洗脳されている専門家や医者というのは、必ずどこかでボロが出る。洗脳されている(=自分の考えが無い)がゆえに、語っている内容に齟齬や矛盾が生じても、そこに気付かないというボロが出てしまうので、ある程度の正しい専門知識を身に付けることで正邪を見分けることができるようになる。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 19:56 | Comment(0) | コラム
2022年01月30日

「サインポール」由来の謎


■「赤が動脈・青が静脈・白が包帯」はガセネタ?

 テレビのクイズ番組で、「散髪屋の軒先に置かれているサインポール(赤・青・白のストライプの回転看板)は何を意味しているものか?」というクイズを見かけることがある。

 その解答は「赤が動脈で、青が静脈で、白が包帯」というのが一般的だが、なぜ、そんな物が散髪屋のマークになっているのか?というクイズにはお目にかかったことがない。

 これには諸説あり、なぜそうなったのか?という完全な解答は用意されていないのだが、数百年前の欧州では床屋が外科医を兼ねていたという説が最も信憑性が高い解答だとされている。その時代では「床屋外科」と呼ばれていたらしい。

 しかしながら、全国理容衛生同業組合連合会はサインポールの「動脈・静脈・包帯」説はガセネタだと結論付けている。

■サインポールは「床屋のマーク」ではなく「医者のマーク」だった説

 では、更に突っ込んで、「なぜ、床屋が外科医を兼ねていたのか?」というクイズがあったとすれば、その解答はどうなるだろうか?

 最も信憑性の高いと思われるものに以下のような説がある。

 「床屋だけでは儲からないので外科医も兼ねていた

 要するに、現代で言うところの「副業」のようなものだったということになるのだろうか。

 しかし、これには少し疑問が浮かんでしまう。いくら手先が器用だからといって、床屋に外科医が務まるのだろうか?という素朴な疑問が。

 ではもし、これが逆だったらどうだろうか? 床屋が外科医を副業にしていたのではなく、外科医が床屋を副業としていたのだとすれば、それは技術的にも充分に可能だったのではないかと思われる。

 実際、日本でも明治時代に西洋医学が流行するまでは、医者は暇だったとされている。仕事が無くて暇だったので副業で床屋をやっていたという説もある。

 あのサインポールは、床屋の副業マークだったのではなく、実は医者の本業マークだったのだとすれば、その名残が今でも残っているという可能性は充分にあるだろうし、納得もできる。今でも医者のような白衣(手術着)を着た床屋がいることを考えれば、充分に考えられるのではないだろうか。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
経済・社会 人気記事 一覧 経済・社会ブログ天紹介所
posted by 自由人 at 12:22 | Comment(0) | コラム