2022年06月19日

カルト教としての西洋医学


■医療設備が増加すればガン患者も増加するという悲劇

 日本では毎年40万人近い人がガンで亡くなっていると言われており、その数は毎年増加し続けている。
 一方で、日本の医療設備は世界一充実しているとも言われている。世界一、医療設備が充実した国のガン患者が毎年増加傾向にある。この矛盾に対して語ることは長らくタブーとされてきたが、最近では、参政党の吉野敏明氏の街頭演説も手伝ってか、その事実を多くの人々が知るようになってきた。

 欧米等では、もう随分と前から、ガン患者は減少傾向にあり、ガンになる原因についても、様々な角度から研究が為されている。食品添加物や農薬はもとより、加工食品やトランス脂肪酸等の有害性についても周知徹底されており、ガン治療の有害性についても、多くの人が気付いている。

 しかし日本では、食品添加物や農薬の基準値がどんどん上がっており、加工食品やトランス脂肪酸についての危険性もあまり伝わっておらず、ガン治療の有害性を語ることもタブーとされている。

 参政党の吉野氏は、ガンの主な原因は食品(食品添加物)と言われているが、これは半分は当たっていると思うが、実は全く別の理由もある。

■日本の野菜は危険なのか?

 ヨーロッパの人々が日本に旅行に行く場合、当地の旅行代理店から“注意書き”なるものが手渡されるそうで、その“注意書き”には以下のように書かれているらしい。

 「日本の野菜は農薬の使用量が高くて危険なので、できるだけ野菜は食べないようにしてください

 実際にその“注意書き”を見たわけではないので、これが本当のことかどうかは不明だが、実際の農薬使用量を調べたところでは、確かにヨーロッパ諸国に比べると日本の農薬使用量は極端に高いと言わざるを得ないので、当たらずも遠からずなのだろう。

 ただ、農薬を大量に使用しているからという理由だけで、無条件にガンになるとは言い難い。人間にはある程度の毒物を分解する力もあるし、食べる量に比例して農薬含有量も変わってくるので、農薬を使用した野菜を食べたからといって、その農薬が全て人体に吸収されて誰もが必ずしもガンになるというわけではない。

 日本でガン患者が増加し続けている理由は、食べるものだけが原因ではなく、過剰なガン検査や精神的なストレス等、他にも様々な原因があるが、ここでは、ガン検査のみに絞って考えてみよう。

 「早期発見・早期治療」という言葉もあるように、日本では、過剰なまでの定期的な健康診断や、他国では行われていない「人間ドック」という至れり尽くせりのガン検査が用意されている。

 最新の検査設備によって、これまで発見されなかった極小のガンを発見することができるようになったことで、ガン患者が増加したという側面もある。

 実際、死亡した60歳以上の男性を解剖すると8割以上の人から前立腺ガンが発見されるらしい。それが本当にガンであるかは不明(後述する)だが、本来であれば、寿命(老衰)で死亡するまで気付くことのなかったガンを見つけてしまうことで、ガン患者が増加するという皮肉な結果が生まれることになる。このことを皮肉って「早期発見・早期死亡」と言う向きもある。

■現代医療は「マトリョーシカ詐欺」

 しかし、話はここで終わらない。ガンの定義というものは、各国でバラバラで、どこまでが「良性腫瘍」でどこまでが「悪性腫瘍」かという診断も実はあやふやであり、アメリカで「良性」と診断されたものが日本では「悪性」と診断されたというケースもある。

 腫瘍が「良性」か「悪性」かの診断は、その人物の人生を左右する重大な診断であり、命に関わるという理由からも受験における「合格」か「不合格」かの比ではない。そんな重大な診断が国ごと、あるいは医者ごとに違うとなれば、これは看過できない重要な問題であるはずだが、ほとんどの一般人(看護師も)はそんなことを知らされていないため、「悪性」と言われれば、神(死神)からの御託宣(死の宣告)と思い込んでしまう。

 恋をすると「痘痕(あばた)も靨(えくぼ)」に見えると言われるが、恐怖を抱くと「黒子(ほくろ)も癌細胞」に見えてしまう。

 「良性の腫瘍」が「悪性の腫瘍」と診断されると、西洋医学の規定により、通常は、手術・放射線・抗がん剤という流れになる。抗がん剤を使用すると、激しい副作用とともに身体中の免疫力が激減することになり、単なる風邪で肺炎を併発して亡くなるというケースも多々ある。がん患者のほとんどは、がんで死亡するわけではなく、がん治療で死亡している。つまり、食べ物ががんの発症原因であったとしても、必ずしも死亡原因ではないということ。

 仮に抗がん剤でガンが寛解した人であっても、誤診(?)で「悪性の腫瘍」だった場合は、元々、ガンではなく治療する必要もなかったわけだから、全てが無駄な治療だったということになってしまう。そして、元々、ガンではなかった健康な人が、その治療でガンが治ったということにされてしまう。

 西洋医学のガン医療というものは、入れ子構造になっており、剥いても剥いても、新たなトリックが用意されている。こういうトリック構造を「マトリョーシカ詐欺」(私の造語)と言う。

 故ロバート・メンデルソン医師は、「現代医学は宗教である」と喝破した。より正確に言うと「西洋医学はカルト教である」が正しい。



------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 14:41 | Comment(0) | 社会問題
2022年05月14日

「シープル」に堕してしまった現代人


■「シープル」という言葉

 映画『マトリックス』内で「シープル」という言葉が使用されている。この言葉が何を意味しているのかというと「シープ(Sheep)」と「ピープル(People)」の合成語であり、「羊のように従順な人々」、より正確に言えば「従順で自分の意見がなく大勢に従う人々」という意味合いになる。



 では、具体的に何に対して従順なのかというと、もちろん、政府や権力者などの権威に対して従順であり、自分の頭で考えようとせずに、まず権威に縋る人々のことを指している。

 「シープル」は、基本的に政府やマスコミの言うことを信じて疑うことを知らない。テレビや新聞で報じられていることは絶対的に正しいと信じ込んでおり、政治家や専門家を無条件に「先生」と呼び、彼らの言うことに従えば間違いないとさえ思い込んでいる。

■「シープル」と化した人類

 家畜としての羊は、飼い主から餌を与えられ、定期的に注射(ワクチン)を打たれる。羊達は餌を与えられれば、その餌が身体に良いものか悪いものかを考えることなく食べてしまう。その餌が原因で腹を壊したとしても、その餌に原因があったなどとは考えることもない。

 注射(ワクチン)を打たれたとしても、注射を打つ瞬間だけ痛みと恐怖を感じるが、その注射が身体に良いものか悪いものかを考えることなく受け入れてしまう。その注射が原因で高熱が出て寝込んだとしても、その注射に原因があったなどとは考えることもない。

 ここまで書けば、お分かりのように、現代の人間も、この羊達となんら変わらないことに気付かされる。

 ワクチン接種が原因で数千頭の羊が亡くなったとしても、羊達にはその情報を知る由も把握する術もない。まず、注射をする人間を疑うという心を持っていないし、ワクチンの成分が何であるかを知る知能も無い。自分の周りで羊達が亡くなったとしても、本能で死を察知するのが関の山だ。

■人類は「シープル」として存在することが許されるのか?

 では現代の人間はどうだろうか?

 ワクチン接種が原因と疑われる1500人以上(実際はその数十倍)の人々が亡くなっていても、その情報を知ろうともしない。その情報が目や耳に入ったとしても、まず否定から入り、端からまともに考えようともしない。

 注射をする医者を疑うという心も全くと言っていいほど持っていないし、ワクチンの成分が何であるかを調べようともしない。自分の周りで知人が亡くなったとしても、あくまでも他人事であり、同情の念を抱いて恐がるのが関の山だ。

 こうやって二者を並べて比べてみると、皮肉なことに現代のほとんどの人間は家畜とあまり大差がないことに驚かされる。家畜に比べると、記憶力と自己保存欲だけは圧倒的に勝っているが、本来、万物の霊長として持ち合わせているはずの高度な知性や理性というものが全く活かし切れておらず、ある意味、家畜となんら変わらない生活を送っていることに気付かずに過ごしているとも言える。

 この状態を単純に「平和ぼけ」と言うことも可能かもしれないが、現代に生きる大部分の人間が、このまま「シープル」で居続けるとなると、この現代文明は非常に危ういと言える。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 21:53 | Comment(0) | 社会問題
2022年02月15日

「中国産アサリ」詐欺事件と「生理食塩水」詐欺事件


■「中国産アサリ」詐欺事件

 テレビの報道番組で「熊本産」のアサリの大部分が実は「中国産」だったと伝えられたことで大きな騒ぎになり、その影響で、現在でも多くの消費者がアサリを買い控えるという事態が続いているらしい。

 産地偽装というのは、これまでにも散々行われてきたことであり、中国産アサリと同様に中国産ウナギも、一定期間、日本の湖に入れると日本産のウナギに化けてしまうことはよく知られている。

 牛肉にしても、海外産の牛肉を国産だと偽って販売していたというニュースは事欠かない。

 こういった偽装が行われる背景には何があるのかと言うと、一言で言えば、見た目も味もほとんど変わらないという単純な理由がある。見た目ではプロでも見分けるのが至難の業なので、味で判断するしかないのだが、余程、舌の肥えた人でない限り、国産と海外産の味の違いは分からない。国産を見分ける以前に、商品の個体差で味も違ってくるので、見分けるのはまず不可能だと言える。

■健康被害の無い詐欺事件で奪われるのは「お金」

 ただ、今回のアサリ問題については、健康的被害は出ていない。ウナギにしろ、牛肉にしろ、これまで産地偽装で健康被害が出たというケースはあまり聞いたことがない。

 中国産のアサリに身体に悪い毒のような成分が入っているということなら長期的に食すると健康被害が発生することになるかもしれないが、そういった話もあまり聞かない。

 「熊本産」だと信じて食べていた人の中には、食べている最中「うまい、うまい、さすがに熊本産だ」と言って食べていた人もいただろうから、せいぜい、安価な商品を高値で買わされたという意味での金銭的な被害しか発生していない。誤解を恐れずに言えば、詐欺は詐欺でも、そこまで悪質な詐欺ではないのかもしれない。

 昔あった、中国の毒入りギョウザ事件のように、アサリに毒が入っていて、それを食べた人が食中毒を起こしたとか、死亡したということなら大問題だが、アサリについては、幸い、そこまでの被害は出ていない。

■健康被害の有る詐欺事件で奪われるのは「命」

 中国と言えば、昨年のことだったか、生理食塩水をコロナワクチンと偽って注射していたという詐欺事件があった。誤解を恐れずに言えば、これとて、お金を騙し取られるという金銭的な被害があるだけで、健康上は特に問題は発生していない。元々、生理食塩水は人体に無害なので、副作用の心配もなく、なんら肉体に変化は生じないので、詐欺は詐欺でも、それほど悪質な詐欺とも思えない。

 毒を食べさせられるとか、毒を注射されることに比べれば、お金を騙し取られる方がはるかにましだと言える。このことを否定するような人は誰もいないと思う。産地偽装は詐欺で済ませられるが、毒入り偽装となると犯罪になってしまう。

 騙されて中国産のアサリを食わされても、騙されて生理食塩水を打たれても、肉体的に健康被害を被るわけではないが、騙されて毒入りアサリを食わされたり、騙されて毒入り注射を打たれたりした場合は、肉体的な被害を被ることになる。どちらが悪質であるかは考えるまでもない。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
経済・社会 人気記事 一覧 経済・社会ブログ天紹介所
posted by 自由人 at 20:47 | Comment(0) | 社会問題
2021年10月30日

嗚呼、言論統制時代


■実際に言論統制が行われている証拠

 現在、世界中で言論統制が行われているなどと言うと、眉に唾をつけて一笑に付す人が大勢いると思う。曰く「現代の日本で言論統制などあるわけがないだろう」と。

 しかし、中国を初め、アメリカや日本でも堂々と言論統制が行われていることは周知の事実であり、反論する余地など、どこにもない。

 その証拠に、当ブログでも、コロナやワクチン関係の記事は言論統制の対象になっているようだ。

 例えば、“ワクチン接種における「人間」と「動物」の違い”という記事タイトルを検索してみると、グーグルでは出てこない。しかし、duckduckgo(ダックダックゴー)という検閲を行っていない検索エンジンでは、きちんと検索結果に表示される。

duckduckgo

 この一事を見ても、言論統制が行われていることは明らかだと言える。「グーグル八分」(※)まではいかないまでも、あるキーワードを含む単体記事は検索結果に出てこないように検閲されていることは間違いない。

※グーグル八分(グーグルはちぶ)…グーグルの基準に該当するウェブサイトが、Googleのデータベースから除かれ、Google検索しても内容が表示されない状態になること。

■真の姿を顕在化したインターネット

 インターネットが登場した頃、世間では「制約を受けないオープンな情報空間が誕生した」と囃し立てられたことは記憶に新しい。グーグルなどは、2010年頃、クローズドな中国市場では仕事ができないと言って撤退を余儀無くされたこともあった。
 しかし、それから10年が経過すると、オープンな環境だったはずのインターネットが、いつの間にか、クローズドな環境に変化してしまった。言論統制を破るテクロノジーだったはずのインターネットが、皮肉なことに言論統制を行うテクノロジーに変化してしまった。

 インターネットとは、元々、軍事的な情報技術として開発されたものであるので、このような結果を招くことは初めから運命付けられていたのかもしれない。「情報をオープンにします」というフレーズは、いつの間にか「情報をクローズドにします」になってしまったかのようだ。

 人々は情報がオープンになったことを喜んでいたが、それは束の間の出来事であった。情報はいつの間にか操作されるようになってしまったが、多くの人々はそのことに気付かず、気付こうともしなかった。
 現在ただ今も、情報はオープンになり言論が自由になったと喜んでいる人々の陰で、情報を操作する戦争が行われているが、夢心地にいる人々は誰もそのことに気付かない。

 もう1度、言おう。インターネットは軍事的な情報技術として開発された。その真の姿が、ようやく目に見える形で我々の前に姿を現したのである。



------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
経済・社会 人気記事 一覧 経済・社会ブログ天紹介所
posted by 自由人 at 10:08 | Comment(0) | 社会問題
2021年10月16日

世界規模の「言論統制」に御用心


■「言論統制」が行われる場合とは?

 現在、世界は前代未聞の言論統制状態にある。まるで戦時中であるかのように…。

 「言論統制」と聞けば、中国の専売特許のようなものだと思っている人がいるかもしれないが、現在は、アメリカも日本も同じく言論統制下に置かれている。

 古今東西、「言論統制」というものは、虚偽情報を禁じるというものではなく、真実を隠蔽するという目的で行われてきたものであることに疑いを入れる余地はない。

 世界の支配者層が、お節介にも、わざわざ嘘やデマを禁じるということに精を出すことはない。彼らが精を出すのは、自分達の嘘やデマがバレると都合が悪い場合に限られている。

 こんなことは言うまでもないことだが、こう言っても「そんなことはない!」と歪んだ正義感を振り翳す人がいるかもしれないので、少し低俗な話を例に出して説明してみたいと思う。

■男女の局部で考える「真実」と「虚偽」

 例えば、男女の性器を隠すことを法律で定めている国があった場合を考えてみよう。

 その場合、モザイクを入れずに男女の局部が映った映像を放映した場合、法律に違反したという理由で逮捕されることになる。しかし、そういった法律が無い国で同じことをしても合法だということで逮捕されない。要するに、この問題は、法律を遵守しているか、法律を犯しているかが罪人になるかどうかの判定基準であって、真実を映したか、虚偽を映したかを問われているわけではないということ。

 男女の性器は誰にも有るものであり、真実の姿をそのまま映した映像と、真実を見せないように隠した映像の違いが運命の分かれ道になる。

 ここで、見方を逆転して、この法律が逆だった場合を考えてみよう。

 男女の局部を隠すことが罪で、モザイクを入れた方が“真実を隠した”という理由で罪に問われる国があった場合、全く逆の価値観になってしまうことになる。
 そんな国が有るかどうかは分からないが、結局のところ、局部を映す、映さないというのは、倫理的な基準を法律で設けているかどうかの違いだけであり、その行為が犯罪行為になるかどうかも、結局は法律次第だということ。

 法的に日本よりも進んだ国であるはずのアメリカがノーモザイクで、日本がモザイク有りを法律で定めているところを見ても、かなりアバウトな取り決めであることが分かる。

 モザイクの有無を単純に「堕落した国」と「堕落していない国」の違いと考える人もいるかもしれないが、ポルノの氾濫が「堕落した国」の条件ということであれば、現代の日本は、アメリカよりも堕落した国だというのは、専らの評判であり、日本のアダルトもの(アニメ)は「hentai(ヘンタイ)」という不名誉な言葉で呼ばれていることでも有名だ。

 戦後の日本人は無神論者が多くなったせいか、行き過ぎた色情行為が罪になるというような認識を持っていないリベラルな人が多いので、世界に冠たるポルノ国家に堕したとしても何ら不思議なことでもない。

■「言論統制」は真実を隠蔽するという目的で行われてきた

 少し例が悪過ぎたかもしれないが、一般的に言えることは、世界の支配者層が、真実を取り締まることはあっても、虚偽を取り締まることはあまり無いということ。「局部」を「情報」に置き換えてみると、「ありのままの情報」を取り締まることはあっても、「オブラートをかけた情報」を取り締まることはあまり無いということができると思う。

 真実の情報ばかりが出回っている社会で、虚偽の情報を流せば、目を付けられるが、虚偽の情報ばかりが出回っている社会で、真実の情報を流せば、目を付けられる。

 では現代は、どちらの社会に近いかと言うと、もちろん、後者である。

 政府やマスコミが、「虚偽」や「デマ」という言葉を使用しだした時、それは、言論統制が行われている状態である可能性が極めて高い。先述した通り、古今東西、「言論統制」というものは、虚偽情報を禁じるというものではなく、真実を隠蔽するという目的で行われてきたものであるということに目を向ける必要がある。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
経済・社会 人気記事 一覧 経済・社会ブログ天紹介所
posted by 自由人 at 23:47 | Comment(0) | 社会問題