2021年05月29日

ワタミの「生ビール1杯無料」というワクチンパスポート


■ワタミの「ワクチンパスポート」に違和感

 全国に外食チェーン店を展開するワタミは、グループ全店を対象とした以下のようなサービスを発表した。

 「新型コロナウイルスワクチンの接種が完了した客に、生ビール1杯を無料で提供します

 こんなサービスでも提供しないと経営が苦しいというのは理解できるのだが、なぜ民間企業がそこまでのことを行わなければならないのだろうか。こんなサービスを導入しなければ営業活動ができなくなっている社会にこそ違和感を覚える。

 こういった出来事が増えてくると、終いには、「ワクチン接種を行っていない客は入店禁止にします」というような所も出てきそうで恐ろしい。

 現在でも「マスクを着用しない人は入店お断り」という店が多々ある。マスク程度なら特に文句を言う人もいないだろうけれど、この措置がワクチンにまで及ぶとなると、差別問題に発展する可能性が高くなり、話がややこしくなる。

■ワクチンを接種していない者は「非国民」になるのか?

 第二次世界大戦時、戦争に反対する者は「非国民」と罵られたと言うが、このまま行くと、ワクチンを接種していない者は「非国民」として扱われるようになるのではないかと心配になる。

 アメリカの一部の州では既に「ワクチンパスポートの導入は禁止する」と決定している。何割かの国民がワクチンを打たないと言っている国でワクチンパスポートを導入すると暴動になってしまいかねないので、これは当然の措置だと言えるが、果たして日本政府はどうするつもりなのだろうか?

 現在の緊急事態宣言下で休業を余儀無くされている飲食店ではお酒(アルコール)の提供が禁じられている。これも行き過ぎると、かつての「禁酒法時代」のような様相を呈することになり、暴動に発展する危険性もある。尤も、鬱憤が溜っているのは、お酒を飲む人ではなく、お酒を販売している人の方だと思われるが。

 昨年に予想した通り、現在はコロナによる直接的な被害よりも、間接的な被害の方が色濃くなってきつつある。新型コロナウイルスで死亡する人よりも、コロナ対策の悪影響で自殺する人の方が多くなっている可能性もある。
 政府の行き過ぎた措置が更なる人心の荒廃を招いているように見えるのは私だけではないと思う。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 12:14 | Comment(0) | コロナ問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: