2020年07月26日

PCR検査における「特異度」の医学的エビデンスとは?


■特異度「99.9999%」(偽陽性率0.0001%)の疑問

 前々回のブログ記事で、PCR検査の偽陽性率を「1%」と書くと、特異度【陰性のものを正しく陰性と判定する確率】は99.9999%(偽陽性率は0.0001%)だと反論されている人がいた。
 仮に特異度が99.9%や99.99%でも、書いた記事の内容にはさほど問題は無いと思われるが、まさか、99.9999%という数字が出てくるとは驚いた。

 99.9999%というのは、具体的に言えば、100万人に1人ということになる。全国民にPCR検査をして特異度が99.9%なら10万人、99.99%なら1万人、99.9999%なら100人が偽陽性ということになる。
 それが本当なら少し問題だが、よく考えてみると、これには2つの疑問が生じた。

 1つ目の疑問は、もしそれが本当なら、なぜ偽陰性の場合は判定率が最大70%程度にしかならないのか?ということ。
 100万人に1人しかミスしない程の完璧に近い検査法なら、陽性者と陰性者はもっと厳密に判定できるのではないだろうか? しかし実際は、陽性者の3人に1人は判定ミスが出て陰性になると言われている。そんなアバウトな検査であるのに、陰性判定についてだけは99.9999%間違いないというのは、にわかには信じられない。あくまでも一般人としての率直な感想だが、何か間違っているのだろうか?

 2つ目の疑問は、99.9999%というのを誰が証明するのか?ということ。何年も何十年間も追跡調査をしたというなら、ある程度の医学的なエビデンスが出ると思うが、まだ見つかって半年しか経っていない未知のウイルスの追跡調査は物理的に不可能だろうし、検査量的にも全く足りていないので証明の仕様がないのではないかと思う。100万分の1と言うからには、少なくとも100万回は検査を行わない限り、結果は出ないのではないだろうか? これも一般人としての率直な感想だが、何か間違っているのだろうか?

■無理難題な「全国民PCR検査」

 そもそも、私が書いた偽陽性率「1%」というのも、真実かどうか判らない。多くの専門家が「特異度は99%」と言っているので、その数値を参考にしたまでの話である。

 検査する唾液の中に対象物(ウイルス)が存在するか存在しないかをチェックする検査であるので、検査する唾液の中に一定量の対象物が存在しない場合は判定が難しくなる。しかし、元々、陰性なら対象物が存在しないので、唾液の量に関係なく陰性は陰性になる。こういう理屈なのだろうか?

 それで、99%と言っている人もいれば、99.9%と言っている人もいる。結局、100%とは言い切れないので保険的に99%ということになっているのだろうか?
 専門家の中には、「インフルエンザウイルスでも陽性になる場合がある」と言っている人もいるようだが、こうなると、一体、何を信用すればいいのか分からなくなる。

 PCR検査を何回も繰り返して行うことで確実性(信憑性)が高まると書かれている人もいたが、10人中3人も誤判定する検査を何回繰り返せば、正確な結果が得られるというのだろうか?

 10人検査をして7人が陽性になった場合、残りの3人にもう1度検査すると、3人中2人が陽性になり、残った1人に対して3回の検査を行えば、全員、陽性判定になるかもしれない。しかし、それは10人という少人数で、尚且つ10人とも感染者であった場合の話であり、検査対象が1億人となると、物理的にも不可能だと思う。絶対的に陽性者の取りこぼしは有るだろうし、検査で陰性になったとしてもその後に感染してしまえば元の木阿弥になってしまう。費用的にも何兆円かかるか分からない。あまりにも無駄が多過ぎるので、政府も国民も到底、飲み込めそうにない。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
【医療の最新記事】
posted by 自由人 at 07:49 | Comment(0) | 医療
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: