2020年07月23日

「全国民にPCR検査」が無意味な訳


■「コロナ感染者数を報道する自由」と「PCR検査数を報道しない自由」

 東京でコロナ感染者数が300人を超えたということで大きなニュースとなっている。

 感染者数の増加だけをセンセーショナルに報道し、PCR検査数はほとんど報道しない姿勢には感心しないが、感染者が増加傾向にあるということで、「全国民にPCR検査を行うべき」というような意見も飛び出しているようだ。

 しかし、多くの良識ある医療関係者が既にネット上で述べられている通り、全国民にPCR検査を行うことは危険極まりない愚行と言える。

 感染者の体内に存在する新型コロナウイルスはインフルエンザウイルスよりもかなり少ない(数百分の1)ので、検査結果が曖昧になりやすく、物理的にもインフルエンザの陽性検査よりも、かなり信憑性は下がり、一般的なPCR検査の精度はせいぜい70%と言われている。

 陽性者の30%は見落とされて陰性(偽陰性)になる。逆に陰性者は99%正しく判定されるが、1%は偽陽性となる。この部分は非常に重要だ。

■自動的に感染者が100万人になってしまう検査の危険性

 仮に日本人全員(1億人と仮定)のPCR検査を行った場合、本当の感染者が1万人だったとしても、1%である100万人は偽陽性となるので、計101万人程度が感染者扱いになる。実質的な感染者(正確に言うなら陽性者)は1万人しかいないのに、101万人が感染者になってしまう。これは実に恐ろしい話だ。

 現在の東京のPCR検査数が1日3000人とすると、そのうちの30人は偽陽性であり、感染もしていないのに感染者扱いになっていることになる。これでも大きな数字だが、これが1億人単位の検査になると、100万人が自動的に感染者扱いになり、実際の感染者数の何倍、何十倍、何百倍、場合によっては何万倍ものトンデモない数に化けてしまうことになる。

 早い話、日本では100万人以上の感染者がいない限り、国民全員のPCR検査をしても意味が無いということ。感染者が0人でも自動的に感染者100万人になってしまい、病院のベッド数が100万床必要になるというのだから、感染者の有無に拘らず100%医療崩壊することになる。

 日本人の100人に1人が本当に新型コロナウイルスに感染するのも恐ろしい話だが、感染もしていないのに、100人に1人が感染者扱いになってしまうPCR検査というのも大概に恐ろしい検査だと言える。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 23:28 | Comment(0) | 社会問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: