2020年07月22日

安倍総理は「Go To宣言」を行うべきだった


■「Go To宣言」はなぜ見送られたのか?

 このところ、「安倍総理は1ヶ月以上にわたり会見を行っていない」という批判が出ていたせいか、「Go Toトラベル」が開始された7月22日、ようやくマスコミに対して意見を述べられたらしい。

 「学校休講宣言」や「緊急事態宣言」時には、わざわざ会見の場を設けて、噛んで含めるかのように懇切丁寧に説明をしていた安倍総理だったが、このところの「Go Toキャンペーン」では、事前の会見も開かず、詳しい説明もないままだった。そのため、直前になって一部の国民からの不満が噴出して政策の内容をコロコロ変えるという迷走状態に陥った。
 こんなことになるなら、「Go Toトラベル」においても、なぜ「Go To宣言」を行わなかったのかが悔やまれる。

 例えば、こんな具合に、

 『観光業界の衰退は、皆さんが利用する国のインフラたる交通機関にまで悪影響を与える大問題であります。コロナウイルスの感染者を減少させることは国家として重要な案件でもありますが、このままコロナが完全に終息するまで、観光業界の衰退を黙って見過ごすことは、国家の確実な衰退を意味し、皆様の日々の暮らしをも破壊する危険性を秘めています。「感染者がいる間は旅行はするべきではない」、「感染者のいる地域に住む人々は無闇矢鱈と他県に出歩くべきではない」という気持ちも充分に理解できますが、このまま座して、コロナの完全終息を待つことは、多くの国民の生活を破壊し、多くの国民の死に直結しかねない重大な問題でもあります。ここは皆さん、コロナに打ち勝つために、我々国民が一丸となって、日本経済を復活させるために勇気を持って第1歩を踏み出そうではありませんか!

 せめてこれぐらいの事前説明をすれば理解を示してくれる国民も多くいたと思われるのだが、何も説明しなかったために、一部の国民の理解を得ることができず右往左往することになってしまったとも言える。そういう思い切った宣言をして感染者が増加してしまった場合、責められる可能性があるので何もできなかったのだろうか。

 しかし反面、感染者の減少につながる「学校休講宣言」や「緊急事態宣言」等は長時間かけて長々と会見を開く。これでは逃げ腰、及び腰と思われても仕方がないと思う。

■「新型コロナウイルス」の専門家はいない

 7月22日の安倍総理とマスコミ記者団とのやり取りでは、「専門家の皆さまのご意見もいただきながら、適切に判断していく」と述べられたそうだが、専門家の意見というのは大抵、悲観的なものであり、どちらかと言うと「Go Toトラベル」には後ろ向きな専門家が多いのではないかと思う。そういう意味では、専門家の意見に従ってしまうことは矛盾しているとも言える。

 そもそも、「専門家」と言っても、新型コロナウイルスの専門家というのは存在しない。ウイルスや疫学に詳しい専門家であっても、必ずしも新型コロナウイルスについて正しい見解を持っているとは限らず、現状は、誰もが新型コロナウイルスの1研究者に過ぎない。
 ペストが流行した当時に「ペスト専門家」などはいなかったし、スペイン風邪が流行した当時も「スペイン風邪の専門家」などはいなかった。現在の新型コロナウイルスも同様であり「新型コロナウイルスの専門家」は誰もいない。
 未知のウイルスの専門家などいるわけがないわけで、いるとすれば、そのウイルスが人工的に作られた場合に限られる。

 専門家と名乗る人の意見に従っているということにすれば、政府は責任を取る必要がないという保険のようなものになっているような気もする。しかも、その専門家達が間違った対処をしたとしても、その責任を追及されることはない。そんな都合の良い専門家がいるものだろうか?

 とにもかくにも、政府は、肝心なところで説明不足、言葉足らずになっているので、多くの国民から疑念を持たれることになる。世の中には、テレビの情報だけに頼っている受動的な人々が圧倒的に多いので、国民の正しい理解を得るためには、そのテレビを利用して何事もきっちりと説明するべきだと思う。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 23:04 | Comment(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: