2020年06月30日

「香港国家安全維持法案」の可決が意味するもの


■日本とは真逆の「香港国家安全維持法」

 中国の全国人民代表大会で「香港国家安全維持法案」が可決した。この法案にはテロ活動を防止する目的も含まれているので、日本で言うところの、かつての「治安維持法」のようなものだとも言えるだろうか。しかし、同じような法案でも、日本と中国では主客が転倒している。

 日本における「治安維持法」は主に共産主義者の暴力行為などを取り締まることを目的としたものだったが、中国の「香港国家安全維持法」は共産主義者が民主主義者のデモを取り締まるものとなっている。

 そう考えると、如何に出鱈目な法案かということが分かりそうなものだが、香港人を含め、諸外国では既に法案は施行されるものだと諦めムードを醸し出している。

 1997年から50年間は「一国二制度」を維持することになっていたはずが、半分にも満たないわずか23年間で「一国二制度」は反故にされようとしている。

■中国の「一人っ子政策」が齎す悲劇

 香港に住んでいる人々の怒りと落胆は察するに余りあるが、日本人もいつまでも対岸の火事(他人事)だと思っていてはいけない重大な問題だ。

 中国は40年程前に施行された「一人っ子政策」によって、生まれてくる子供の男女比が歪になり、極端に男性が多い社会になった。「一人っ子政策」は2015年には解除されたものの、既に時遅しで、結婚適齢期の男性が女性よりも3000万人以上も多くなったと言われている。

 仮に中国が少子高齢化を食い止めるために人為的に全国民に結婚するように強制したとしても、この3000万人の男性の結婚相手を見つけることは中国国内では物理的に不可能になる。

 ではどうするか? ここからは半分ブラックジョークだが、保守系の書籍などを読んでいると同じようなことが書かれている。それは、中国が日本を侵略すれば解決されると。要するに、3000万人の中国人男性が妻として娶るのは侵略された日本人女性になるというブラックジョークである。

 しかしながら、香港がこうも容易く中共の手に落ちたとなると、このブラックジョークは少し現実味を帯びてきたと言えるのかもしれない。

 「香港国家安全維持法案」の可決、それが意味するものは殊の外大きく、我々日本人にとっても無視できない大きな問題だということにもっと目を向ける必要がある。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 20:52 | Comment(0) | 国際問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: