2020年06月15日

『カエルの楽園2020』で表現された日本のコロナ政治


■『カエルの楽園2020』を読んで。

 以前、ブログで書評を書いた『カエルの楽園』の続編『カエルの楽園2020』(百田尚樹著)が発売されたので、早速、購入して読んでみた。
【関連記事】『カエルの楽園』化している日本の政治

 今回は、前著のようなハードカバーの単行本ではなく、いきなり文庫本で売られていた。なんでも、5月6日から数日間限定でネットで無料公開されていたらしいが、私は知らなかったので、文庫本で初めて読むことになった。

 百田氏は本書を2週間で書かれたそうで、警世の書としての真面目な側面はあるものの、半分は楽しみながら書かれたのではないかとも思えた。ストーリーの都合で、前著に出てきたキャラクターも総出演しており、新たなキャラクターも大勢登場する。そのキャラクターが誰をモデルにしているか判った時には思わずニンマリさせられる。基本的には新型コロナウイルス問題を基調としており、この数ヶ月間の日本の出来事をカエルの世界に喩えて表現されている。

 最終章は、バッドエンディングリアルエンディンググッドエンディングと3パターンのエンディングが用意されている。
 ファクターXのお蔭でコロナ第1波におけるバッドエンディングは現状、回避されたと思われるが、個人的にはグッドエンディングのようにならないかと願っている。

 本書のメインキャラの1匹、ハンドレッドの以下の台詞が印象的だった。

 「いいか、よく聞け。元老みたいな仕事は誰でもできる。どんなバ○でもやれるんだ。わしでもできる。しかし、それは何も起こらない平和な状態でのことだ。もし、今回のように今まで経験したこともない事態に直面したら−その時こそ、元老の真価が問われるんだ
【「バ○」の○部分以外は原文ママ】

 昭和天皇は、マッカーサーと初めて対峙された時に、「自分の命と引き換えに国民の命を助けてほしい」と言われたそうだが、こういった危機の時代には、政治家にもそれぐらいの気概と信念を持っていただきたい。

■寓話は「言論の自由」が無い国での啓蒙手段

 百田氏も書かれていたが、寓話は、「言論の自由」が無い国で喩え話として用いられる。中国のような独裁国家では、名指しで書記長などを否定すると、国家反逆罪で逮捕され、ヘタをすると死刑になってしまう危険性が有るので、具体的な名前を使用せずに、動物や昆虫の名前を利用して権力者を風刺する。「プーさん」というキャラも、ある意味、寓話的なキャラクターだと言えるのかもしれない。

 一応、「言論の自由」が有る日本で、敢えて寓話スタイルを採られた理由は、「高学歴で知識も教養もある人間の台詞をカエルに置き換えて言わせてみると、その滑稽さや愚かさや間抜けぶりが見えるようになる」ということらしい。

 確かに、テレビに出てくる学者や評論家を見ていても、そんな風に思えるようなことが多々ある。スーツとネクタイをして語っていると、どこか信用できそうで、いかにも正しいことを言っているように見える人でも、普段着(スウェット等)を着せて同じ台詞を言っている姿を想像すると、ただのオッサンの戯言のように聞こえる人もいる。

■寓話にすると余計に解らなくなる人々の存在

 先に、日本には「言論の自由」が有ると書いたが、日本国内には自粛警察よろしく、善意で「言論の自由」を阻害しようとする人々がいる。国が「言論の自由」を保障していても、正義のヒーローを気取って無意識的に「言論の自由」を認めないようにしている人々が存在している。そういった人々の目を搔い潜るために寓話スタイルを採って社会を啓蒙するという手段も考えられる。

 独裁者(全体主義者)気質の人というのは、他人の話を聞かず、融通が利かない人が多いせいか、譬え話や皮肉があまり理解できないという人が多い。中には、あまりにも純粋過ぎて、アクの強い譬え話や皮肉を受け付けないという人もいるのかもしれない。

 そう考えると、本書は、皮肉なことに一番読んで理解してほしいタイプの人には正しく伝わらないのかもしれない。寓話にすれば解りやすいと言う人がほとんどだと思うが、寓話を端から受け付けないという人も一定数いると思われるので、その層の理解を得るのは至難の業になってしまう。

 とはいえ、大部分の人々には楽しく一気に読める名作だと思われるので、是非、多くの人に読んでいただきたいと思う。


------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 22:31 | Comment(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: