2019年10月30日

洗脳用語と化した「失言」という言葉


■「失言」とは「失礼な発言」のこと

 前回、政治家の「失言」についてのブログ記事を書いたばかりだが、現在の日本では、この「失言」という言葉が正しく理解されないまま独り歩きし、本来の意味合いからかけ離れた言葉として認識されているような気がする。
 「失言」かどうかという線引きが極めて曖昧になっており、今回の荻生田氏の発言でも、ある人は「失言だ」と言い、ある人は「失言ではない」と言っている。

 現在の日本で、「失言」と聞くと、「暴言」や「人間失格」というような、まるでタブーにでも触れたかのような絶対的な負のイメージを思い浮かべる人が多くなっているのではないかと思う。

 大辞林で「失言」という言葉を調べてみると、以下のように書かれている。

 「不都合なこと、間違ったことなどをうっかり言ってしまうこと。

 もっと解りやすく一言で言えば、「礼な発」というのが「失言」の意味だと言える。

 会社員であろうと、公務員であろうと、職場で「失礼な発言」をする人はどこにでもいる。ついウッカリ「失礼な発言」になってしまう人もいれば、元々、素の状態で「失礼な発言」をする人もいるし、酔っぱらってしまえば誰もが「失礼な発言」のオンパレードだ。

 だから、政治家が失言(失礼な発言)をしたとしても、それは個性の違いから発生する言葉遣いの違いでしかない場合がほとんどであり、本気で誰かを差別したり、馬鹿にしたりしているようなことは滅多にないと思う。

■「失言=悪」「失言=辞任」という洗脳

 左翼系のテレビ番組や新聞を熱心に読んでいる人の多くは、メディアが好んで使用する「失言」という言葉にすっかり乗せられてしまっており、いつの間にか、「失言=悪」「失言=辞任」という具合に洗脳されてしまっているとも言える。

 「一般人が失言することは許されるが、政治家が失言することは許されない」と言っている人もよく見かけるが、なぜそう言えるのだろうか?

 頭をゼロクリアして、もう1度、その言葉を聞いてみると、「あれっ?」と思う人もいるのではないかと思う。
 私人が失言しようと、公人が失言しようと、大きな違いはない。不完全な人間である限り、失言の1つや2つは誰でもするものであり、そのことが理解できていれば、大した問題ではないということが腑に落ちると思う。

■「失言の1つも許さない」メンタリティとは?

 「失言の1つも許さない」というメンタリティは、実は独裁国家のものである。その証拠に、中国や北朝鮮の報道番組などを観ていると、“笑い”という概念が微塵も無いことが分かると思う。いつ見ても、気難しい顔をしており、笑顔というものが全く見られない。
 なぜ笑いが無いのかと言えば、失敗(失言)すれば罰されるという強迫観念が有るためである。

 共産主義国家では、国から与えられた仕事で失敗すると、他の仕事を探せなくなるという息苦しさがある。しかし、資本主義国家では、自分で選んだ仕事で失敗しても、やり直しがきくという自由がある。仕事が嫌なら他の手段(例:投資など)で生活することもできる。もちろん、そこには失敗するリスクもあるが、全く逃げ場がない共産主義国家よりも、はるかに生き易い社会だと言える。だからこそ、失敗を笑いに変えることができる。

 1つの失敗(失言)が命取りになるというような恐怖で支配された国よりも、失敗(失言)を笑いに変えることができる国の方がよっぽど人間的だと言える。

 「失言は悪」「失言は辞任」と煽っている人々は、日本を、ニュース番組も笑顔で伝えることのできない独裁国家のような窮屈な国にしたいのだろうか?
------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 23:21 | Comment(0) | 社会問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: