2022年09月18日

『この国の終わり』を読んで。


■現代の知識人達がトンチンカンな理由とは?

 シルバーウィークということもあり、読書する本を探しに古本屋に出かけた。本を物色していると、『この国の終わり』(林 秀彦著)という少し分厚めの本が目に入ってきた。手に取って目次をパラパラ…と見てみると、興味深いキャプションが多かったので購入して読んでみた。

 著者の林 秀彦氏は、既に故人であり2010年に亡くなられている。本書は2006年に出版された本だが、今の時代にピッタリ当て嵌まる内容が書かれており、まるで、予言書のようにも感じられた。

 おそらく、2006年(16年前)当時に私がこの本を読んでも、陰謀論の類いの本だと誤解し、理解も共感もできなかっただろうと思う。本当の危機が迫っている現代であるからこそ、本書の内容を理解し共感しえたのだろうと思う。

 林氏は以下のように述べている。

「芸術的センスと力のみが、直観力と真実への洞察力を生み出し、再創造を可能にさせる。なぜなら、芸術は真実を発見するために人間に与えられた唯一の力だからだ。芸術的能力を持たない学者、政治家、評論家を信じては断じてならない。彼ら・彼女らは、意図もなく真実を見失い、糊塗する名人たちである。そして日本の著名人、オピニオン・リーダーと呼ばれる識者の大半には、芸術センスの「ゲ」の字もない。」

「客観は単なる客観で、そこには真偽や正否の余地が残る。だが、対象になりきれば、それは主観としての真実が見える。消去しても消去しても、消去し切れない主観的な残滓がある。そのいくばくかの残滓こそ、真実なのである。それを掻き集め、できる限り大きな、不動物をリクリエートする。それは力になる。洞察の力である。」


 詳細は本書に譲るとして、現代の知識人と呼ばれている人々が、なぜこうもトンチンカンなことばかり述べているのか?という最近の個人的な疑問に対して1つの解答が提示されており、久しぶりに本物の知識人(著者に言わせれば、知性人)が書いた本に出会い、蒙を啓かれた思いがした。

 惜しむらくは、著者が東日本大震災を経験せずに亡くなられたことだろうか。もっと欲を言えば、現在のコロナ禍も経験した上での著書も読んでみたかった。



------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 16:12 | Comment(0) | 読書

「プラセボ効果」は「遺伝子改変」に勝るか?


■「プラセボ効果」 vs 「mRNAワクチン」

 2022年9月20日からオミクロン株用ワクチンの接種が開始されるとのことで、「我れ先にワクチン接種を…」と喉から手が出るかのように嬉々としてワクチン接種を待ち望んでいる人がいる。

 これが従来のインフルエンザワクチンであれば、多少はプラセボ効果が副作用に勝る場合も有るのかもしれないが、果たして、遺伝子を物理的に改変するmRNAワクチンに対してプラセボ効果はどれだけ期待できるものなのだろうか?

 “ワクチンを打てば病気にならない”という強い思い込みは、信仰となって、本当に病を遠ざける効果が有ることは科学的にも証明されている。それなら、生理食塩水を注射すれば、副作用無しにプラセボ効果を100%発揮することができるので、本当に風邪をひく人も減少することになると思う。

 しかし、物理的な怪我や骨折が、信仰の力では治らないのと同様、プラセボ効果に遺伝子の改変をカバーする程のパワーが有るとは到底思えない。

■現代医療教に洗脳されたワクチンジャンキー

 今年のシルバーウィークは、3連休が2回続くとのことで、ワクチンの副反応(高熱や倦怠感など)が出た場合の保険(3連休であれば出勤せずに済むという意味)と考えている人も多いようで、実際に私の職場でもそんなことを話している高齢者がいる。

 私からすると、なぜ、そんな激しい副反応を見越してまでワクチンを接種しなければならないと思えるのか不思議で仕方がない。
 これが致死率10%の感染病というならまだ理解もできるが、感染しても、ただの風邪程度(実際は、ただの風邪だと思う)の症状で、インフルエンザ並みの高熱を受容する意味が解らない。
 これでは、ワクチン接種と言うより、常習性のある麻薬接種であり、ワクチンジャンキーという形容がピッタリする。

 まともな知性と理性を併せ持った人からすると、現在行われているワクチン接種は、ただの自傷行為(あるいは自殺行為)にしか映らないと思うが、現代医療教に洗脳された人間には、まともなことを言う人間が、カルト教信者に見えてしまうのだろう。

 以前、カルト教信者の集団自殺というものが話題になったことがあるが、まさにそんな状態に近いのかもしれない。

 少し調べれば、ワクチンに効果が無いことは誰にでも分かることだと思えるが、他人の意見に素直に耳を傾けようという気持ちの無い人間に、自分で物事の本質を調べようという気持ちが生じることを期待する方が酷なのかもしれない。

 「プラセボ効果」が「mRNAワクチン」に勝ることを祈りたいところだが、残念ながら、その確率は、限りなく0%に近いと思える。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 08:32 | Comment(0) | コロナ問題