2022年06月26日

それでも「消費税の減税」に言及しない自民党


■与党が消費税の減税に言及できない理由

 参議院選挙が6月22日に公示されたことで、マスコミでは参議院選挙の争点は、物価高に対する政策だと喧伝されている。

 今回の参議院選挙の各党のスローガンに目を通してみると、野党の全てが「消費減税」を訴えている。現行の消費税10%を5%〜0%に引き下げるというもので、消費税の増税を決定した民主党(現立憲民主党)までが「消費減税」を訴えている。

 なぜ与党は、この期に及んでも消費税の減税に言及できないのか? それは、後述するある組織に言及できないことと同じ理由による。全政党が消費減税を目標にすると、それが必須課題になってしまうので避けているものと思われる。

 しかし、物価高の是正であれ、消費減税であれ、そうなった真の原因に言及しない限り、掛け声や理想論だけでは実現は不可能だと思える。
 
 現在の物価高は、自然の成り行きで齎されたものではなく、人為的に行われているものなので、誰がそれを画策しているのかという部分に触れない限り、スタート地点にすら立つことはできない。つまり、どんな公約も絵に描いた餅でしかないということ。

 現在の物価高を演出しているのは、いろんな呼び名があるが、隠し名で呼べば「あの勢力」、流行りの言葉で言えば「ディープステート」、もっと具体的に言うなら「ユダヤ国際金融マフィア」ということになるが、そういった本当の原因に言及している党は少ない。既存政党は全滅状態であり、表立って言及しているのは参政党ぐらいかもしれない。

■ジョン・レノン「世界は狂人によって支配されている」の意味

 消費税にしても、元を正せば同じであり、人為的に増税されたと考えるべきだと言える。

 以前、財務省の役人がIMF(国際通貨基金)に出向して、IMFを操って日本の消費増税を訴えているという陰謀論が流行ったことがあるが、最近、これも少し違うのではないかと思えるようになった。

 財務省がIMFを操っているのではなく、IMFが消費増税を命令するために財務省の役人を呼んで操っているのではないか?と思えるようになった。

 IMFというのは言わずと知れたことで、ディープステートの一角である。財務省がディープステートを操るなどというのは、まさしく陰謀論の類いであり、真実はその逆だと考えた方が現実的であり、しっくりとくる。

 米大統領選でクーデターを起こし、コロナを流行らせ、ワクチン接種を強要し、ウクライナを操って戦争を起こし、物価高をロシアのせいにして世界経済を無茶苦茶にする。これらが全て同じ勢力によって人為的に引き起こされているのだとすれば、あなたはどう思うだろうか?

 おそらく、どの政党が与党になったとしても、ディープステートに対抗することは不可能に近いと思う。戦後77年間に渡って、間違った常識を植え付けられてきた多くの国民の洗脳を解くのは至難の業であり、一定数の国民が真実に気付けるかどうか、そこが運命の分かれ道、分水嶺になる。

 政党が何かをしてくれるのを待つのではなく、我々国民が真実を知ること。彼らに対抗する武器は、あくまでも真実を知った人間の数でしかない。そして、それこそが本当の民主主義であり、現在の我々は、世界統一政府を目指す狂人達が支配する非民主主義世界に生きているのである。

 ジョン・レノンが遺した言葉「世界は狂人によって支配されている」には、そういう意味が込められている。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 10:01 | Comment(0) | 政治
2022年06月25日

季節外れのインフルエンザ流行のカラクリ


■コロナとインフルエンザが同時流行する?

 一昨年(2020年)、昨年(2021年)と、ほとんど感染者がいなかったことになっているインフルエンザが、今年(2022年)になって流行し出したということでニュースになっている。しかし、梅雨時にインフルエンザが流行するというのも可笑しな話であり、季節外れ感は否めない。

 テレビに出演していた専門家は、コロナとインフルエンザが同時流行する可能性に触れていたが、ついこの前までは、ウイルス干渉でコロナウイルスが流行すればインフルエンザウイルスが姿を消すと言っていたのではなかったのだろうか?

 一昨年、昨年とインフルエンザ感染者がほとんどいなかった理由は、言わずと知れたことで、インフルエンザの検査自体を行わないように通達が出されていたからである。その理由というのが「検査時にコロナ感染リスクが有るから」というもので、釈然としない理由だった。

 おそらく、インフルエンザ感染者をコロナ感染者に仕立て上げるためにインフルエンザの検査が中止されていたのではないかと思う。これも言わずと知れたことで、PCR検査はインフルエンザでも陽性になるので、これほど分かりやすい詐欺もない。しかしながら、そんなバレバレの詐欺でも、ほとんどの国民はコロッと騙された。

 これは世界を舞台にした詐欺(計画)であり、「まさかそんなことは有り得ない」という常識の裏を突いた詐欺なので、世界の権力構造や現代医療の正体を知らない無知な人々は見事なまでに騙された。高学歴者までがこぞって騙されたという意味では、無知と言うよりも権威主義者が騙されたと言った方が正解かもしれないが。

 しかし「騙された」と言っても、決して過去形ではなく、現在進行形で騙され続けている状態が続いている。

■「パンドラの箱」と「玉手箱」

 さすがに4回目ともなるとコロナワクチン接種も下火になってきたので、今度はインフルエンザが流行ったことにしてmRNA化したインフルエンザワクチンを大量接種しようと画策しているのかもしれない。その前にサル痘で天然痘ワクチンを接種するように仕向けるかもしれない。

 現在流行しているインフルエンザもサル痘も、コロナワクチン接種による免疫力低下が引き起こしているワクチン後遺症と考えた方が理に適っていると思われる。小学生はコロナワクチンを接種していない場合も多いことから、シェディングの影響も考えられる。

 しかし、全てコロナのせいだと洗脳されている人が多過ぎるため、延々とワクチン接種が行われ続けるのかもしれない。これでは、火に油を注ぐようなものであり、本来なら放っておけば自然に治る病がどんどん重症化していく危険性がある。

 一連の騒ぎで、コロナウイルスを「パンドラの箱」に喩えた人は少なからずいたと思うが、コロナワクチンは「玉手箱」のようなものかもしれない。

 浦島太郎が、龍宮城からの帰りに乙姫から「何があっても絶対に開けてはいけません」と言われて手渡された玉手箱。しかし、浦島太郎は乙姫との約束を破り玉手箱を開けてしまう。その結果、浦島太郎は箱から出てきた煙を浴びて年寄りになってしまう。

 コロナワクチンを接種した人の多くは免疫力低下という事態を招く。それは別の言い方をすると、年寄りになることを意味している。どれだけ年を取るかは個人差があると思われるが、コロナワクチンを接種したことで運悪く寿命に到達してしまい死を迎えた人も大勢いる。

 彼らからすると乙姫は「陰謀論者」ということになるのだろうか。
 逆の立場で言うと、「何があっても絶対に打ってはいけません」と言っていた人達は、彼らにとっては乙姫のような存在だったのかもしれない。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 20:53 | Comment(0) | コロナ問題
2022年06月19日

カルト教としての西洋医学


■医療設備が増加すればガン患者も増加するという悲劇

 日本では毎年40万人近い人がガンで亡くなっていると言われており、その数は毎年増加し続けている。
 一方で、日本の医療設備は世界一充実しているとも言われている。世界一、医療設備が充実した国のガン患者が毎年増加傾向にある。この矛盾に対して語ることは長らくタブーとされてきたが、最近では、参政党の吉野敏明氏の街頭演説も手伝ってか、その事実を多くの人々が知るようになってきた。

 欧米等では、もう随分と前から、ガン患者は減少傾向にあり、ガンになる原因についても、様々な角度から研究が為されている。食品添加物や農薬はもとより、加工食品やトランス脂肪酸等の有害性についても周知徹底されており、ガン治療の有害性についても、多くの人が気付いている。

 しかし日本では、食品添加物や農薬の基準値がどんどん上がっており、加工食品やトランス脂肪酸についての危険性もあまり伝わっておらず、ガン治療の有害性を語ることもタブーとされている。

 参政党の吉野氏は、ガンの主な原因は食品(食品添加物)と言われているが、これは半分は当たっていると思うが、実は全く別の理由もある。

■日本の野菜は危険なのか?

 ヨーロッパの人々が日本に旅行に行く場合、当地の旅行代理店から“注意書き”なるものが手渡されるそうで、その“注意書き”には以下のように書かれているらしい。

 「日本の野菜は農薬の使用量が高くて危険なので、できるだけ野菜は食べないようにしてください

 実際にその“注意書き”を見たわけではないので、これが本当のことかどうかは不明だが、実際の農薬使用量を調べたところでは、確かにヨーロッパ諸国に比べると日本の農薬使用量は極端に高いと言わざるを得ないので、当たらずも遠からずなのだろう。

 ただ、農薬を大量に使用しているからという理由だけで、無条件にガンになるとは言い難い。人間にはある程度の毒物を分解する力もあるし、食べる量に比例して農薬含有量も変わってくるので、農薬を使用した野菜を食べたからといって、その農薬が全て人体に吸収されて誰もが必ずしもガンになるというわけではない。

 日本でガン患者が増加し続けている理由は、食べるものだけが原因ではなく、過剰なガン検査や精神的なストレス等、他にも様々な原因があるが、ここでは、ガン検査のみに絞って考えてみよう。

 「早期発見・早期治療」という言葉もあるように、日本では、過剰なまでの定期的な健康診断や、他国では行われていない「人間ドック」という至れり尽くせりのガン検査が用意されている。

 最新の検査設備によって、これまで発見されなかった極小のガンを発見することができるようになったことで、ガン患者が増加したという側面もある。

 実際、死亡した60歳以上の男性を解剖すると8割以上の人から前立腺ガンが発見されるらしい。それが本当にガンであるかは不明(後述する)だが、本来であれば、寿命(老衰)で死亡するまで気付くことのなかったガンを見つけてしまうことで、ガン患者が増加するという皮肉な結果が生まれることになる。このことを皮肉って「早期発見・早期死亡」と言う向きもある。

■現代医療は「マトリョーシカ詐欺」

 しかし、話はここで終わらない。ガンの定義というものは、各国でバラバラで、どこまでが「良性腫瘍」でどこまでが「悪性腫瘍」かという診断も実はあやふやであり、アメリカで「良性」と診断されたものが日本では「悪性」と診断されたというケースもある。

 腫瘍が「良性」か「悪性」かの診断は、その人物の人生を左右する重大な診断であり、命に関わるという理由からも受験における「合格」か「不合格」かの比ではない。そんな重大な診断が国ごと、あるいは医者ごとに違うとなれば、これは看過できない重要な問題であるはずだが、ほとんどの一般人(看護師も)はそんなことを知らされていないため、「悪性」と言われれば、神(死神)からの御託宣(死の宣告)と思い込んでしまう。

 恋をすると「痘痕(あばた)も靨(えくぼ)」に見えると言われるが、恐怖を抱くと「黒子(ほくろ)も癌細胞」に見えてしまう。

 「良性の腫瘍」が「悪性の腫瘍」と診断されると、西洋医学の規定により、通常は、手術・放射線・抗がん剤という流れになる。抗がん剤を使用すると、激しい副作用とともに身体中の免疫力が激減することになり、単なる風邪で肺炎を併発して亡くなるというケースも多々ある。がん患者のほとんどは、がんで死亡するわけではなく、がん治療で死亡している。つまり、食べ物ががんの発症原因であったとしても、必ずしも死亡原因ではないということ。

 仮に抗がん剤でガンが寛解した人であっても、誤診(?)で「悪性の腫瘍」だった場合は、元々、ガンではなく治療する必要もなかったわけだから、全てが無駄な治療だったということになってしまう。そして、元々、ガンではなかった健康な人が、その治療でガンが治ったということにされてしまう。

 西洋医学のガン医療というものは、入れ子構造になっており、剥いても剥いても、新たなトリックが用意されている。こういうトリック構造を「マトリョーシカ詐欺」(私の造語)と言う。

 故ロバート・メンデルソン医師は、「現代医学は宗教である」と喝破した。より正確に言うと「西洋医学はカルト教である」が正しい。



------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 14:41 | Comment(0) | 社会問題
2022年06月18日

周回遅れの「帯状疱疹」報道の裏側


■「帯状疱疹」の原因は「コロナワクチン」の可能性

 なぜかテレビでは今頃になって、「帯状疱疹(たいじょうほうしん)が流行している」という報道が行われている。テレビに出演している専門家の言うところでは、コロナに感染した人は、感染していない人に比べて15%程発症率が高いということだった。

 テレビでは、なぜ急に「帯状疱疹」が流行し出したのか?ということを問題視した報道が行われているわけだが、その考えられる理由として「コロナ」や「コロナ禍」を出すことはあっても、「コロナワクチン」には全く触れようとしない。その露骨な姿勢からは、違和感よりも悪質ささえ感じてしまう。

 「帯状疱疹」という病は、ウイルス性の疾患であり、主として子供の頃に水疱瘡(みずぼうそう)に罹患した人の体内(神経節)に残留していたウイルスが、宿主の免疫力の低下により抑制が効かなくなることで発症すると言われている。症状としては、神経が痛み出した後に、皮膚の表面に帯(おび)状の疱疹(ほっしん)ができることで発症が判明する。
 通常は、発症後に抗生物質を投与することで症状が収まると言われているが、なぜウイルス性の疾患に抗生物質が効くのかは不明。

 「帯状疱疹」は、加齢による免疫力の低下と密接な関係がある病とされているが、この1〜2年で人間の免疫力に影響を及ぼすものはなかったか?と考えると、真っ先に原因として浮かんでくるのは、「コロナワクチン」の接種ということになる。真っ先とはいかなくても、少なくとも原因の1つとして考えられることは誰にでも解ると思う。

 「コロナワクチン」は接種する度に免疫力が低下する可能性があることは知る人ぞ知るところだが、ほとんどの人はそういった情報を知らない。テレビや専門家の言うことを鵜呑みにしている人は、そういった情報には触れることができない構図になっている。

■様々な病の流行(マッチポンプ)にご用心

 ディープステートが支配する大手マスメディアでは表立ってコロナワクチンの真実を言ってはいけないことになっているのか、「コロナ」や「コロナ禍」のことは述べても、絶対に「コロナワクチン」の負の側面には触れようとしない。本当のウイルス専門家であるなら、真っ先に「ワクチン」に疑いの目を向けるはずだが、疑問を抱くという姿勢すら見せようとしない。まるで始めから「ワクチン」という選択肢は無いかのように。

 医者がテレビで「帯状疱疹の原因はワクチン」などと言おうものなら、先日の報道ステーションに出演したNHK党の立花孝志氏のように“放送事故”扱いになってしまうだろう。なぜそうなるのかと言うと、マスコミの忖度が働いているから。誰に? もちろん、日本を占領し世界を牛耳っているディープステートに対して。

 医療業界というのも大手マスメディア同様、ディープステートの支配下にあるため、虚偽に塗れている。コロナ禍でそういった隠された事実に気付いた人も大勢いると思われるが、今後、ワクチン接種による免疫力の低下がどんどん激しくなり、様々な病の流行が考えられる。

 現在の「帯状疱疹」と同様に、その原因を「コロナ」や「コロナ禍」のせいにするのは目に見えているので、騙されないように注意しよう。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 17:18 | Comment(0) | コロナ問題
2022年06月16日

「目は口ほどに物を言う」偽善者達


■「目は口ほどに物を言う」ゼレ○スキー

 「目は口ほどに物を言う」という言葉がある。その意味は、言うまでもなく、その人物が何かを語る以前に、その人物の目を見れば、その人物の本性が分かるというもの。

 私の場合、相手の目を見るとその人物が何を考えているのか分かってしまう…というのは言い過ぎだが、その人物の人間性は大体分かってしまう。これまでの経験上、概ね99%は当たっていると思うが、ごく稀に分からない人もいる。多分、自分自身の認識力を超えた人は何を考えているか分からないということなのだろうと思う。分かりやすく言うと、大人は子供が何を考えているのか分かってしまうが、子供は大人が何を考えているのか分からないというのと同じようなものかもしれない。

 高所から低所は見えるが、低所から高所は見えない。その高低の差は俯瞰的な「認識力」の違いということになるのだろうか。

 現在の有名どころでいうと、ゼレ○スキーという人物はどう見えるのかと言うと、私には“悪人”に見えてしまう。風体が悪人に見えるというのではなく、その眼光からは、なにか後ろめたい思惑を抱えているように見えてしまう。では、プーチンはどう見えるのかというと、彼の場合は正直分からない。先に述べた99%の中に入らない人物なのだろうと思う。

 世の知識人と言われている人の中には、ゼレ○スキーを英雄のように持ち上げている人もいるが、私からすると、人を見る目が全く無い人なんだな…と思えてしまう。

■「目は口ほどに物を言う」政治家達

 ついでに言うと、日本の政治家等は、ほとんどが“嘘吐き”に見えてしまう。嘘を語っている人間の目はどうしても曇りがちになり、その目からはどんどん輝きが失われていくことになる。
 そのせいもあるのか、政治家の人相は年齢とともにどんどん悪く(険しく)なっていく。所謂、険の有る顔になっていくと言えば、誰もが納得してくれるのではないかと思う。

 世の中の多くの人は、見た目よりも、人間の言葉に騙される。どれだけ人相が悪い人であったとしても、巧みな言葉遣いにコロッと騙される人がいる。この場合の「人相」とは、骨相学的な容姿や美醜のことではなく、心の状態が表れた目のこと。

 正直に真実を語っている人間の目は活き活きと輝いて見えるものだが、本心とは裏腹な虚偽を語っている人間の目は、爛々と輝いて見える。その目の輝き(正邪)の違いが分からない人は、「始めに言葉ありき」で、言葉だけが判断材料となり、騙される傾向にある。

■「目は口ほどに物を言う」専門家達

 コロナ禍を語る専門家の目も同様で、テレビに出演している専門家達の目は大抵曇っており、中には爛々と輝いて見える人もいる。彼らがどんなに綺麗事を語ろうとも、その目に宿る疾しさを隠すことはできない。

 少しややこしいのは、一般人と同じように洗脳されている無知な専門家もいるので、そういった人物は自分は正しいことを語っていると思い込んでおり、善人のように見えてしまう場合がある。言わば、カルト教にドッブリと嵌った熱烈信者のようなものであり、教義自体が間違いでも本人は正しいと思い込んでいる状態。

 そういった人物の正邪を見分けるためには、直感だけでなく、最低限の専門知識も必要になってくる。洗脳されている専門家や医者というのは、必ずどこかでボロが出る。洗脳されている(=自分の考えが無い)がゆえに、語っている内容に齟齬や矛盾が生じても、そこに気付かないというボロが出てしまうので、ある程度の正しい専門知識を身に付けることで正邪を見分けることができるようになる。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 19:56 | Comment(0) | コラム