2022年05月03日

ラブロフ外相の驚愕の発言が意味するもの


■ヒトラーがユ○ヤ人というのは本当か?

 ロシアのラブロフ外相は、イタリアのテレビのインタビューで以下のような衝撃的な発言を行った。

 「ヒトラーにはユ○ヤ人の血が流れている

 これはもう究極のタブー発言だと言える。数年前の私なら「まさか…」と思ったかもしれないが、現在の認識では「やっぱり…」という感想になる。

 しかし、ロシアの外相がここまでの発言を行うということは、世界は相当、危険な状況に追い込まれていることを暗示している。ロシア側も今回のウクライナ問題の本質に触れない限り、泥沼の大戦争に突入する可能性を見越しての大きな賭け(これ以上続けるようなら秘密をバラすぞという脅し)に出たのだろうだと思われる。逆に、この切り札を出したことで戦争が激化する可能性も否定できないが。

 ゼレンスキーもユ○ヤ人なので、ラブロフ外相は、おそらく次のようなメッセージを発しているのだろうと思われる。

 「ゼレンスキーは現代のヒトラーである

 現在、しきりにプーチンを現代のヒトラーだと宣っている似非知識人達は絶句しているかもしれない。彼らにとっては到底受け入れることのできない驚愕の異次元発言だと思われるが、真実はいずれ明かされる時が来るだろう。

 真偽に関係なく、ヒトラーがユ○ヤ人だったなどという情報が世界中に知れ渡ると、ディープステートにとっては非常に都合の悪いことになる。近代の悲劇的な歴史そのものが全て彼らの演出だったということがバレてしまうことになりかねないので、どんな手段を使ってでも潰しにかかってくるだろう。

 西側諸国の全マスコミはディープステート放送局と化しているので、どんな風に報道されるか興味深い。完全に無視するのか、その逆か、いずれにしても、ただでは済みそうにない。

 そう言えば、手塚治虫の『アドルフに告ぐ』もフィクションながら、真相に触れてしまったようなストーリーだった。


------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 14:19 | Comment(0) | 国際問題