2022年01月31日

「丸裸の王様」に支配された世界


■同じ時空間に存在すれども、全く認識が一致しない二極化した人々

 アメリカでは17000人もの医師達の代表がワシントンDC前に集い、ワクチン義務化に反対する集会で演説を行った。
 この他にも心ある感染症専門家や医療関係者の多くが今回のコロナパンデミックに疑義を呈しており、現在、各国政府で行われていることは犯罪だと断罪している。現代における西洋の独裁者が画策したクーデターだと述べている人もいた。

動画は以下
https://rumble.com/vsu08h-planet-lockdown-a-documentary-japanese.html

 彼ら世界の有識者が述べていることは、解る人にはすぐに解ることであるのだが、解らない人には一生解らない。ある真実について、人生の途上で気付ける人と、一生気付かない人がいる。この両者の間には埋めようのない認識力の開きが存在している。

 同じ時代に生きているにも拘らず、全く認識が一致しない2種類の人々。これは言うなれば、同じ時空間に存在すれども、認識のズレが大き過ぎるがために、一生涯、認識が一致することのない状態だと言い換えることができる。そういう意味では、お互いに異なる次元に存在している住人のようなものだと言うこともできる。

 肉体が同じ時空間に存在しているにも拘らず、精神だけは過去と未来に別々に存在している。「過去の人間」と「未来の人間」が同じ空間に存在している状態、それはつまり、「未来が見えない人」と「未来が見える人」が同時に存在しているということ。これが、現在、大きく枝分かれしつつある二極化の1つの大きな側面でもある。

■コロナ禍を演出する「丸裸の王様」

 この究極の二極化を齎したものは、表面上はコロナということになっているが、実体は、このコロナ禍を演出している者達の仕業だと言うことができる。

 このコロナ禍を演出している者達というのは、現代ではいろんな呼び方をされているが、喩えて言うならば、アンデルセンの童話に登場する「裸の王様」のような存在だとも言える。
 各国政府の要人達も可笑しいことが解っているのに、その圧倒的な権力の前では「可笑しい」とは言えない。この状況はまさに現代における「裸の王様」そのまんまだと言える。

 今回のような、オレオレ詐欺師達も真っ青になるようなレベルのあまりにもお粗末な馬鹿げたコロナ劇場を観ていると、「裸の王様」と言うよりも「丸裸の王様」と言った方が妥当かもしれない。本来の陰謀なら民衆に気付かれないように画策しそうなものだが、もはや、形振り構わずに暴走しているような状態に近い。そんなバレバレの陰謀が行われているわけだが、それでも気付かない人は気付かない。

 「王様は裸だ」と言える人が徐々に増えてきつつあるが、そういった言葉は「裸の王様」の家来達に検閲されており、なかなか大勢の人には届かず、届いたとしても、先述した通り、解らない人には、一生解らない。

 それは単に無知だから解らないという次元の話ではなく、宿命として定められているかのような状態に近いものがある。
 いくら勉強ができる人であろうと、頭が良いと思われる人であろうと解らない人には解らない。面白いことに、地位や名誉、学歴や肩書きに拘っている人に限って、解らない人が多い。それはおそらく、「裸の王様」が作り出した歪んだ価値観に囚われ過ぎているためだと思われる。

 「裸の王様」を外界から認識できる少数の人々と、「裸の王様」の世界の住人と化してしまった大多数の人々、この究極の二極化は、一体、どこに向かっているのだろうか?

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
経済・社会 人気記事 一覧 経済・社会ブログ天紹介所
posted by 自由人 at 22:33 | Comment(0) | 陰謀学