2021年04月30日

無礼な「ハンバーガー会談」と「MMT」を理解していない米民主党


■失礼極まりない「ハンバーガー会談」

 米民主党のバイデン氏は、2兆ドル(約220兆円)の経済政策を発表したが、その原資は「富裕層への増税」と「法人税の増税」で賄うとしており、これが本当に実施されると米国経済が悪化するのではないかという懸念が囁かれている。

 それに加えて、「最低賃金を大幅に上げる」とも述べており、まるで同じ政策で失敗した韓国の文在寅大統領を彷彿とさせるものがある。

 先日、行われた日米首脳会談は「ハンバーガー会談」とも揶揄されたが、あのような席上で皿に盛られたハンバーカー1つというのは、まるで飼い犬に餌を与えているかのようなイメージが想起され、日本人にとっても、また、菅総理に対しても実に失礼な態度に映った。

 米民主党にとっては、「占領国の日本の総理大臣などはハンバーガー1つで十分だ」と思っているのだろうか。仮にそう思っていなくても、そう受け取られても仕方がないような絵面だった。

■「MMT」を理解していなかったフシのある米民主党員達

 しかし、米民主党は「MMT」に理解がある政党ということになっていたはずだが、今回の政策を見る限りでは、「MMT」など全く理解していなかったのではないか?という疑問を感じてしまう。

 元々、極左の社会主義者と言われるアレクサンドリア・オカシオ=コルテス氏が「MMT」を言い出したことも疑問だったが、どうやら彼らは「MMT」を単なるバラマキ肯定論だと誤解していたフシがある。

 オカシオ=コルテス氏は「国家にとって財政赤字は問題ではない」と言ったとされるが、それはある一定のインフレ率になるまでの話であって、際限のない赤字が許されるという意味ではない。その条件を外してしまえば、それは「MMT」ではなくなってしまう。
 そして、大幅な増税などというのは、激しいインフレになった場合の処方箋であって、景気対策と称して財政政策と同時に行うべきものではない。

 そもそもアメリカは日本のような深刻なデフレ国家ではなく、コロナ禍以前は経済が順調に成長していた国である。
 日本以上にコロナ禍が酷いという意味では、巨額の財政政策は必要だろうけれど、原資を増税で賄うというのは悪手以外のなにものでもない。

 「MMT」の要諦は、需要が大幅に足りない場合は、国民の負担となる増税に頼らずにお金を刷っても問題は発生しない(=激しいインフレにはならない)という理論であるので、彼らが本当に「MMT」を理解しているのかは疑わしい。



------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 23:48 | Comment(0) | 経済
2021年04月29日

コロナウイルスを退治する最強の特効薬とは?


■1日に5000個誕生する癌細胞

 人間の身体は約60兆個の細胞からできており、そのうちの1%(6000億個)が毎日入れ替わっている。ゆえに100日程度で身体の細胞は全て新しい細胞に入れ替わる計算になる。
 1日に入れ替わる細胞は6000億個だが、そのうちの約5000個の細胞(つまり1億2000万分の1)は、癌細胞になると言われている。

 ここで、「えっ?!」と驚いた人がいるかもしれないが、ご安心を。通常は人間の免疫細胞によって、その5000個の癌細胞は消去されるので癌が発症せずに済んでいる。

 もし、身体の中に発生したどんな小さな癌細胞の1つも見逃さずに発見する医療機器(検査装置)があったとすれば、全ての人間は「癌患者」ということになってしまうかもしれない。

 さて、あなたは、この癌細胞の話を聞いて何かに似ていると思わなかっただろうか?

 勘の鋭い人なら、これ以上なにも書かなくてもお分かりだと思うが、「解らない」という人のために答えを言うと、ズバリ、現在、コロナウイルスの発見に用いられている「PCR検査」である。

■コロナに感染するかどうかは「免疫力」次第

 コロナウイルスにしてもインフルエンザウイルスにしても、癌細胞と同じように、ごく僅かであれば免疫細胞によって消去されるため、感染には至らない。しかしながら、免疫細胞が上手く機能しない場合は、ウイルスの消去が間に合わずにどんどんウイルスが増殖していき病が発症することになる。

 コロナに感染するかどうかは、偏に、自らの免疫力にかかっていると言っても言い過ぎではないと思う。免疫力の高い若年者がコロナに感染せず、感染してもすぐに治る(もちろん個人差はある)ことが、そのことを如実に証明している。

 PCR検査では、肉体に侵入したほんのわずかなウイルスを見つけてしまっても、陽性反応が出る。
 通常は、放っておいても免疫細胞で駆除されていたはずのウイルスが、駆除される前にPCR検査で発見された場合、その人は陽性判定となり、感染者扱いになってしまう。

 1日眠れば、寝ている間にウイルスが駆除されていたかもしれないのに、運悪くその前にPCR検査を受けてしまったことで、隔離や入院を余儀無くされることになってしまう。無論、感染を示す症状は無く、至って普通の健康体であるにも拘らず…。

■コロナには、「1に免疫力」「2に免疫力」

 「コロナウイルスが1つでも体内に入ると感染してしまう」と思い込んでいる人は意外に多いのではないかと思う。

 しかし、そのような医学(人間の身体)を無視した間違った思い込みは改めるべきであり、そういった間違った思い込みと恐怖感情が、結果的に自らの免疫力を下げることになり、逆に病を引き寄せることになってしまう。

 【誤】「コロナウイルスが1つでも体内に入ると感染してしまう

 【正】「コロナウイルスが僅かなら免疫細胞が駆除してしまう

 「間違った思い込み」と「正しい思い込み」、同じように見えても、その差は極めて大きい。

 現在のマスコミは、この「間違った思い込み」の方を世間に広めるエバンジェリストと化しているので、あまりマスコミの情報を鵜呑みにしないように注意する必要がある。

 コロナの特効薬が出る見込みはなく、ワクチンが効くという保証もない。現状、コロナに対抗する最高の薬は自らの肉体の中にある自らの免疫力でしかないのだから、PCR検査やワクチンばかりに目を向けるのではなく、「1に免疫力」「2に免疫力」という具合に、免疫力を向上させることにこそ、もっと目を向けて然るべきだと思う。



------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 07:54 | Comment(0) | コロナ問題
2021年04月26日

「コロナに対する恐怖」よりも深刻な「緊急事態宣言の恐怖」


■私が映画館に行かなくなった理由(わけ)

 今回で3度目(第3波)となる「緊急事態宣言」は、映画館までが休業対象(従わない場合は罰金の可能性有り)になってしまったので、映画館を運営する企業からは悲鳴が上がっている。

 私自身、コロナ禍以前は年間数本の映画を定期的に映画館で観ていたが、コロナ禍になってからは1度も映画館に足を運んでいない。

 映画館に行かない理由は、当初、コロナウイルスの感染を避けるためだったが、その後は別に映画館で観ても大丈夫だろうと思うようになった。しかし、コロナ禍の影響で大作映画の製作や上映がストップし、観たい映画がほとんど無いという理由で行かなくなった。
 そして現在は、映画を観ている間中、2時間以上もマスクを付けっぱなしというのが我慢できないので行かない、それが第一の理由になった。

 私の場合、自宅では掃除をする時以外は一切マスクを付けておらず、マイカー通勤なので、通勤中も一切マスクは着用してしない。会社でも他人と話をする時以外はマスクを付けていないので、連続して2時間もマスクを付けるようなことは日常的にも経験していない。せいぜい、買い物で店に入る時にエチケットとして数分間か数十分間着用する程度なので、映画を観るためだけにそのルールを破って2時間以上もマスクを付けっぱなしというのは、なかなか受け入れ難いものがある。

■飛沫が飛ばない空間まで休業にする必要があるのか?

 映画館のように、元々、話をすることが禁止されているような静かな空間では、コロナに感染するようなことはまず起こり得ないのではないかと思う。実際、これまでも映画館でクラスターが発生したというような話は聞いたことが無い。

 コロナのクラスター感染が発生しやすい所は、病院、ライブハウス、カラオケボックスと大体、相場が決まっている。飲み屋で馬鹿騒ぎして飛沫を飛ばしまくり、泥酔して寝入ったところで感染というケースは有るのかもしれないが、パチンコ屋などは、会話をするような空間ではないので、クラスターが発生しそうに見えても、なかなか発生しないのではないだろうか。

 飛沫が飛びやすい場所を順番に並べると以下のようになる。

 ライブハウスカラオケボックス居酒屋電車パチンコ屋書店映画館

 映画館や書店などは、それぞれ「黙って映画を観る空間」「黙って本を物色する空間」であるので、基本的に誰もしゃべらず飛沫が飛ぶようなこともあまりない。そんな場所まで休業の対象にするのは行き過ぎであり、ほとんど無意味ではないかと思われる。

■満員電車がセーフで、ガラ空きの映画館がアウトの不条理

 コロナでもインフルエンザでも風邪でも、感染(クラスター)が最も発生しやすいのは、おそらく自宅における家族間である。自宅では四六時中、マスクもせずに近くで会話をし、マスク会食も行わず、同じ風呂に入り、同じトイレを使用する。これほど危険な感染ルートはそうそう見当たらない。

 それでも多くの人は、感染もせずに済んでいるのだから、映画館や書店で感染するようなことは余程のことがない限り有り得ないと思う。

 熱を出して感染が疑われるような人が、重たくだるい身体を引き摺ってまで映画館に足を運ばないだろう。一方で、電車の場合は、仕事が休めないという理由で高熱がある人でも乗車しているかもしれない。
 そういう意味では、映画館よりも電車の方が圧倒的に感染リスクが高いはずだ。しかし、電車は全くのスルー状態。ギュウギュウ詰めの満員電車がセーフで、ガラ空きの映画館がアウト、こんなデタラメな判断基準がなぜ罷り通るのだろうか?

 「緊急事態宣言」が発出されても、街を出歩く人は昨年ほど減少しておらず、いつも通りに出歩いている人も多い。既に多くの国民は「コロナ」よりも「緊急事態宣言」に恐怖を抱き始めているのではないだろうか?



------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 20:49 | Comment(0) | コロナ問題
2021年04月24日

1億人がPCR検査をすると日本はどうなるか?


■「無症状者」の多くは「健常者」

 前回の記事は、最近では珍しくBLOGOSで多くのコメントを頂いた。しかし、記事内で使用した「無症状者」という言葉が批判の元になっていたようなので、この場を借りて、少しだけ回答させていただこうと思う。

>無症状者が蔓延すれば良いと言ってるんですかね?
>とんでもない暴論だ!

 多くの人が誤解しているようですが、「無症状者」には2つの意味があります。
 1つは、PCR検査で陽性になった場合の「無症状者」、そしてもう1つが、PCR検査をする以前の「無症状者」です。

 私が述べている「無症状者」とは、無論、後者であり、大部分の「健常者」のことを指しています。「無症状者のPCR検査を抑制するべき」と書いているのだから、当然、PCR検査を受ける前の人を意味しています。
 もしこれを読まれているあなたがPCR検査を受けていないのであれば、そのあなた自身を指しています。

 これといった治療法もないのに、健康なあなたが、絶対的に、または強制的にPCR検査を受ける必要が有るんですか?という単純な話です。

>無症状者を放っておけ、という主張かと。
>それでハイリスク者に感染させてしまうと、医療ひっ迫になるので、ナンセンス。

 上述しましたが、ここでいう「無症状者」とは「健常者」のことです。徒に偽陽性者を増やすために「健常者」が無理してPCR検査を受ける必要があるとは思えませんし、「健常者」がハイリスク者(老人?)に感染させる危険性もまず有り得ません。

 そもそも、PCR検査で陽性になった場合の「無症状者」でも、他人に感染させることは不可能だという論文を発表している専門家もいます。実際に「無症状者」が他人に感染させる媒介者に成り得るのならば、この程度の感染者数(症状のある感染者)では収まっていないだろうことは火を見るよりも明らかです。

>もちろん偽陽性による拡大もあるだろうが、そこまで極端な数字ではない。せいぜい15%とかのレベル。

 偽陽性率が15%ということは、先の大阪を例にとると、PCR陽性者が7%なら、×15%で100人中1人(つまり1%)が偽陽性者ということになります。
 あなたの言う偽陽性率15%が医学的に証明された数値かどうかは分かりませんが、1億人検査すれば700万人が陽性となり、その内100万人が偽陽性者ということになります。

 もしそんなことになると、「医療逼迫」どころか「全医療崩壊」となり、こんな議論すらできないことになります。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 09:40 | Comment(0) | コロナ問題
2021年04月21日

無症状者のPCR検査を止めれば「緊急事態宣言」は無用


■悪夢のようなゴールデンウィーク前の「緊急事態宣言」

 政府はPCR検査による陽性者の増加を受け、東京・大阪・兵庫に対して4月23日に「緊急事態宣言」を発令する方針を明らかにした。

 まさか、ゴールデンウィーク前になって「緊急事態宣言」を発令することになるとは思わなかったが、正直、いい加減にして欲しいというのが率直な感想。

 少し前に大阪では全国に先立って無症状者に対するPCR検査の拡充の方針を発表していたと思うが、その結果、PCR検査数が大幅に増加し、予想通り無症状の感染者と偽陽性者が大量に出てきたことでコロナ感染者が急増ということになり、この度の「緊急事態宣言」の発令。

 このロジックを冷静に見れば、「緊急事態宣言」を急いで発令する必要があるとは思えない。

 しかし、普段はまともなことを言っているような識者達が、この問題に関してはこぞって的外れなことを述べており違和感を感じざるを得ない。まるで、何者かに弱みを握られて脅されているのか、操られているかのような不自然さを感じる。

 よく映画やドラマなどで見かける嘘を言わざるを得ない状況に追い込まれた人間のような目をしている。そのように見えるのは私の目の錯覚だろうか?

■今必要なことは、無症状者のPCR検査を抑制すること

 コロナ問題を収束させるために今、喫緊の課題としなければいけないことは、「緊急事態宣言」の有無や時期、実施期間の長短ではなく、無症状者のPCR検査を抑制することでなければならない。このまま、PCR検査数が増え続ければ、コロナ問題は半永久的に収まらないことは自明の理だ。

 なぜ、こんな当たり前のことが解らないのだろうか? 解らないのではなく、解っていても改めることができないということだろうか? まさか、頭の良い政治家や学者達がこんな子供でも解るようなことが理解できないとは思えないし、思いたくもない。
 
 コロナ問題を半永久的に収める気が無いのであれば、政府は補助金等で半永久的に国民の面倒をみなければいけないことになるが、その覚悟があるのだろうか?

 現在は、一体、誰を信じていいのか、何を信じていいのか、全く分からない混沌とした時代に突入してしまった感がある。昔から「テレビを見ると馬鹿になる」とも言われるが、最近は、実際にその通りだなと痛切に実感するようになってしまった。
 コロナ問題を扱うテレビ番組を観ていても、まともなことを言っている識者はほぼ皆無というような状況なので、観ていても何も得るものがなく、イライラしてストレスを感じるだけになってしまった。

 新聞を止めたついでに今度はテレビも本当に廃棄するべきかどうか考えている今日この頃。もう茶番は、いい加減にしていただきたい。



------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 22:01 | Comment(2) | コロナ問題