2020年06月04日

「ロサンゼルスデモ」に掻き消された「香港デモ」


■『ジョーカー』の1シーンのようなロサンゼルスデモ

 ロサンゼルスでの暴動を伴ったデモを観ていると、『ジョーカー』という映画の1シーンを思い出してしまった。

 

 これはどう観ても、単なる黒人差別問題のデモではない。白昼堂々と略奪行為や窃盗行為が行われているところを見ると、黒人暴行事件に便乗した破壊活動としか思えない。『ジョーカー』に登場した「金持ちを殺せ!」とまではいかないが、「金持ちから奪え!」という感じになっており、どう観ても、まともなデモ行為とは思えない。

 自由を追い求める香港の正当なデモが、黒人差別を糾弾するロサンゼルスの暴動デモに掻き消されたかのような格好になっているが、本来、規模的にも重要なのは香港のデモの方ではないだろうか。それとも、同時期に行われている2つのデモには何か関連性でもあるのだろうか?

 『スターウォーズ』新3部作にも出演していた黒人俳優のジョン・ボイエガ氏も、この問題に絡んでロンドンで黒人差別撤廃の演説を行ったそうだが、どこか違和感を感じる。ハリウッドの超メジャー映画に黒人俳優として起用されている彼が、黒人差別の撤廃を訴えている姿に少なからず違和感を感じた。

 

 現在のハリウッドが黒人贔屓になっていることは広く知られているが、ボイエガ氏はハリウッド映画界で差別でもされているのだろうか? 個人的な感想を述べさせてもらうと、逆に白人俳優を押しのけて重用されているようにしか思えないのだが。

■先鋭化した暴動行為が黒人差別を根深くする

 今回の事件の場合、不幸にも死亡事故にまで至ってしまったので、過剰な制裁行為だとして白人警官が批判されるのは仕方がないとは思う。しかし、死亡した黒人は、警官に注意されるようなことを何もしなかったのだろうか?という疑問がある。全く何の罪も犯すことなく街中を歩いていた無抵抗の黒人に対して、白人警官が突然、襲いかかったのだろうか? それなら頷けるが、なぜ、死亡事故にまで至ってしまった大本の原因が報道されていないのだろうか?

 世界中のリベラルメディアでは、まるで「白人 対 黒人」というような大きな民族問題のように扱われているが、差別を行った個人ではなく、民族そのものが悪いとするのは行き過ぎであり、今回の暴行事件も、あくまでも警官個人の問題であって、白人警官全てが悪いわけでもなければ、白人全てが差別主義者というわけでもない。

 1つの差別問題を民族問題にまで発展拡大してしまっているのは、暴動を行っている人々の方であり、そういう先鋭化した行き過ぎた暴動行為が黒人差別をより根深いものに変えていく。なぜなら、差別主義者でない善良な人々をも「差別主義者」として非難してしまっていることになるからだ。それはつまり、「自分達は誰からも差別されている」と公然と宣言する行為に他ならないからである。
------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 23:04 | Comment(2) | 社会問題