2020年05月04日

新型コロナウイルスには「解熱剤」よりも「免疫力」


■新型コロナウイルスに解熱剤は有効か?

 新型コロナウイルスにおける医療現場の報道を観ていると、ある医者が「熱のある感染患者にはまず解熱剤を処方しています」と言っていた。
 一方で、別のテレビ番組では、ある医療関係者が「解熱剤を処方してはいけない」と言っていた。同じ医者でも、認識の違いで全く正反対の治療方法が採られていることになる。

 日本では一般的にも風邪をひいて熱があると解熱剤を飲むという習慣が常識となっているが、これは普通に考えると疑問符が付いてしまう対処法とも言える。

 人間の身体を戦場に例えると、味方の兵士は「免疫細胞」、敵の兵士は「ウイルス」ということになる。外敵であるウイルスが人間の身体に侵入すると、人間の身体は味方である免疫細胞の戦闘力(免疫力)を強化するために、熱を出す。ちょうどそれは、兵士の士気を上げる役割を果たしている。兵士達の戦闘意欲を鼓舞するために統率者が士気を上げている状態、それが発熱状態ということになる。

 人間の免疫細胞は体温が上がることによって元気になる。ゆえに、強敵であればあるほど高熱が出るようになっている。普通の風邪ウイルスなら微熱でも治るが、インフルエンザウイルスなら高熱を発する。実にシンプルな生体の防御反応だ。

 身体がそんな状態(臨戦体制)にある時、突然、解熱剤を飲んで熱を下げる行為は、戦場にいる兵士達に冷や水を浴びせることを意味する。当然、兵士達の士気は下がり、外敵(ウイルス)との戦いに不利になる。本来、勝ち戦であったものが負け戦になってしまう可能性もあるため、場合によっては命取りになってしまう。

■免疫力について知ることが命を護ることに繋がる

 私も以前、一度だけインフルエンザに感染したことがあるが、どうしてもやらなければならない仕事があったため、仕方なしに解熱剤を飲んで一時的に熱を下げて仕事をしたことがある(無論、誰もいない個室で)。しかしそれは治す体力と自信があったからであり、普通なら飲まない。

 高齢者や乳幼児が長時間の間、40度以上の高熱を出して体力が奪われているような状況なら解熱剤の処方も有効かもしれないが、健常者である成人が37度や38度の熱で解熱剤を飲んでも、それだけ治りが遅くなるだけだと思う。
 人間の身体のメカニズムを知っていれば、これは至極当然の理屈だと思える。

 今回の新型コロナウイルスは、高齢者や持病を持っている人が亡くなるケースが多いと言われているが、そういった人は人に会わないだけでなく免疫力の低下にも気を配る必要がある。

 例えば、抗がん剤治療などを受けている人は、身体の免疫力が極度に低下している(戦う兵士がいない)状態なので、最も危険だと言える。味方の兵士がいない戦場にいきなりコロナウイルスという新手の敵が現れると、対処の仕様が無くなってしまう。全く無防備な戦場にコロナウイルスだけがいるような状態を作り出すことになるため、非常に危険だと言える。

 抗がん剤治療中に肺炎で亡くなる人が多いのも上記と同じ理由に依っている。免疫力が極度に低下している時に肺炎球菌等の細菌が肺に侵入すると戦う兵士がいないという理由で戦に負けてしまう。その場合、死因はがん死ということになるが、実質的な死因は肺炎死である。

 新型コロナウイルスの恐怖に怯え、自宅に巣篭もっている人は、自らの免疫力を上げることに、もっと意識を向けた方が良いと思う。そういった知識が自分自身の命を護る大きな役目を果たすことに繋がると思う。

【関連記事】新型コロナウイルスに対抗するには「免疫力」も重要


------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 07:59 | Comment(0) | コロナ問題