2019年08月31日

「息をする(吐く)ように嘘をつく」は本当だった


■「大陸」>「半島」>「島」の序列関係

 韓国の文在寅政権の暴走が止まらない。このままだと令和元年は、(偽りの)日韓関係に亀裂が生じ始めた年として記録されることになりそうだ。
 最近よく、「戦後最悪の日韓関係」という言葉を耳にするようになったが、実のところ、そういった関係はいつでも起こり得た。日本が韓国に抵抗する(楯突く)姿勢を見せれば、いつでもこう成り得た、それが今だったというだけの話に過ぎない。

 「息をする(吐く)ように嘘をつく」という言葉があるが、現在の文在寅大統領の日本への批判演説等を聴いていると、まったくその通りだな…と呆れてしまう。おそらく、ほとんどの日本人は同じような感想を抱いているのではないかと思う。

 さすがに現在の文在寅大統領を擁護しようなどとするのは無謀であることが皆解っているのか、筋金入りの反日左翼以外はダンマリを決め込んでいる。
 文在寅大統領の話している言葉は解らないが、その立ち居振る舞いからは明らかに日本を蔑んでいる姿勢が垣間見える。「子分が親分に反抗するとは何事か!」というような、まるで儒教的な徒弟関係でもあるかのような錯覚さえ覚える。


 日本に住んでいる人は、日本が島国であることをほとんど意識せずに暮らしているが、島国でない国から見ると、我々日本人は気付かないうちに地政学的な差別を受けているのかもしれない。
 中国は「大陸」、韓国は「半島」、日本は「」という地政学的な見えない序列が存在するのかもしれない。その序列の前では、道理も法律も通用しなくなるという具合に。

■危険水域に足を踏み入れている韓国

 ともあれ、今回の日韓関係の悪化を招いたのは明らかに国際的な法律を守ろうとしない韓国政府に原因があるわけで、約束を反故にしたことを棚に上げて、一方的に日本を責め立てる韓国政府は、日本だけでなく、世界中から顰蹙を買っている。
 多くの人々は次のように思っているのではないかと思う。

 「もしかして韓国は、道理も法律も通用しない国ではないか?

 「もしかして韓国は、北朝鮮と同じような国なのではないか?

 韓国は大統領ですらも整形手術をしていることで有名な国だが、国家としても近代国家風な整形をして、本当の素顔を隠していると思われ始めているのかもしれない。

 日韓関係の悪化は全て「身から出た錆」である。
 韓国がこの先も、「約束は守る」「自らの間違いは素直に認める」という人間としての当たり前の基本すら通用しない国であり続けるということであれば、もはや救いようがない危険水域に足を踏み入れているということを知る必要がある。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 09:27 | Comment(0) | 国際問題