2019年08月31日

「息をする(吐く)ように嘘をつく」は本当だった


■「大陸」>「半島」>「島」の序列関係

 韓国の文在寅政権の暴走が止まらない。このままだと令和元年は、(偽りの)日韓関係に亀裂が生じ始めた年として記録されることになりそうだ。
 最近よく、「戦後最悪の日韓関係」という言葉を耳にするようになったが、実のところ、そういった関係はいつでも起こり得た。日本が韓国に抵抗する(楯突く)姿勢を見せれば、いつでもこう成り得た、それが今だったというだけの話に過ぎない。

 「息をする(吐く)ように嘘をつく」という言葉があるが、現在の文在寅大統領の日本への批判演説等を聴いていると、まったくその通りだな…と呆れてしまう。おそらく、ほとんどの日本人は同じような感想を抱いているのではないかと思う。

 さすがに現在の文在寅大統領を擁護しようなどとするのは無謀であることが皆解っているのか、筋金入りの反日左翼以外はダンマリを決め込んでいる。
 文在寅大統領の話している言葉は解らないが、その立ち居振る舞いからは明らかに日本を蔑んでいる姿勢が垣間見える。「子分が親分に反抗するとは何事か!」というような、まるで儒教的な徒弟関係でもあるかのような錯覚さえ覚える。


 日本に住んでいる人は、日本が島国であることをほとんど意識せずに暮らしているが、島国でない国から見ると、我々日本人は気付かないうちに地政学的な差別を受けているのかもしれない。
 中国は「大陸」、韓国は「半島」、日本は「」という地政学的な見えない序列が存在するのかもしれない。その序列の前では、道理も法律も通用しなくなるという具合に。

■危険水域に足を踏み入れている韓国

 ともあれ、今回の日韓関係の悪化を招いたのは明らかに国際的な法律を守ろうとしない韓国政府に原因があるわけで、約束を反故にしたことを棚に上げて、一方的に日本を責め立てる韓国政府は、日本だけでなく、世界中から顰蹙を買っている。
 多くの人々は次のように思っているのではないかと思う。

 「もしかして韓国は、道理も法律も通用しない国ではないか?

 「もしかして韓国は、北朝鮮と同じような国なのではないか?

 韓国は大統領ですらも整形手術をしていることで有名な国だが、国家としても近代国家風な整形をして、本当の素顔を隠していると思われ始めているのかもしれない。

 日韓関係の悪化は全て「身から出た錆」である。
 韓国がこの先も、「約束は守る」「自らの間違いは素直に認める」という人間としての当たり前の基本すら通用しない国であり続けるということであれば、もはや救いようがない危険水域に足を踏み入れているということを知る必要がある。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 09:27 | Comment(0) | 国際問題
2019年08月24日

アメリカの敵国になってしまった韓国


■韓国の「GSOMIA破棄」が意味するもの

 テレビ、新聞、ネットメディアでも韓国がGSOMIA(ジーソミア)を破棄したというニュースで持ち切りとなっている。
 アメリカ・日本・韓国の3カ国間における軍事協定が存在する意味は、対北朝鮮・対中国という反共を目的とした軍事協定に他ならない。その軍事協定を韓国が破棄するということは、韓国が日米との自由主義協定を捨て去ることを意味している。

 日韓におけるGSOMIA【軍事情報に関する包括的保全協定】は3年前の2016年11月23日に結ばれた。協定は1年ごとに自動更新されることになっており、更新しない場合は3ヶ月前に申し出なければならないが、奇しくも昨日8月23日はその更新を決める締め切り日に当たる日だった。

 この図ったかのようなタイミングの良さは、韓国にとっては、まさに渡りに船で、日本の輸出規制のせいでGSOMIAを破棄しなければならなくなったと嘯くことが1つの目的なのだろうと思われる。

■使用期限が付いた「反日」というカード

 もともと、文在寅氏は左翼革命家として南北朝鮮を統一するという目的を持った人物である。しかし、マクロ経済の理解が乏しいせいか、左翼的な経済政策が失敗し、米朝問題では存在感を示せずに蚊帳の外に置かれ、日韓問題でも、行き過ぎた反日政策が仇となり、もはや切り札としての「反日」というカードには使用期限が付いてしまっていた。この八方塞がりの状況を打破しない限り、文在寅氏は、かつてのその他多くの韓国大統領達と同じような末路を辿ることが薄らと見え隠れしていた。

 そのためか、やぶれかぶれとなり、自国のゴールにオウンゴールするという奇策を講じた。一見すると、狂ったかのような行動にも見えるが、当のご本人は案外、本気(マジ)なのかもしれない。

■文在寅大統領が韓国を滅ぼす可能性

 韓国が「GSOMIAを破棄したのは日本のせいだ」とアメリカに吹聴することで日米間の信頼に亀裂を生じせしめ、その隙に北朝鮮に擦り寄ることを計画しているのかもしれないが、そんな子供騙しの計画であるなら、成功する可能性は限りなく0に近い。そのような幼稚な策に騙されるほど世界の目は節穴ではない。

 このままいくと、近い将来、軍事的関係としては、(アメリカ+日本+台湾)vs(中国+北朝鮮+韓国)という構図になっていくのかもしれない。
 韓国はアメリカにとっては地政学的にも「反共の砦」として機能するべき国だったが、今後は共産主義陣営に呑み込まれていく運命を自ら選択してしまったと言えそうだ。

 もし、そういう状況となって米朝戦争でも勃発すれば悲惨な結果を招くことになるかもしれない。歴史的には文在寅大統領が韓国を滅ぼしたということになる可能性がある。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 08:36 | Comment(0) | 国際問題
2019年08月22日

ドライブレコーダーの普及が齎す「デジタル監視社会」


■正義の味方「ドライブレコーダー」

 ほんの少し前までは「高齢ドライバーの交通事故」問題が注目されていたが、最近では再び「煽り運転」問題が注目され始め、テレビ画面を通してドライブレコーダーに録画された煽り運転映像を見る機会が増えてきた。
 現在騒がれている日韓問題においても、韓国政府の姿を観ていると、まるで煽り運転のような様相を呈しているが、それはまた別の機会にブログ記事として書かせてもらおうと思う。

 今日も大阪で袈裟衣を着た61歳の僧侶が煽り運転をした挙げ句、大阪弁丸出しで後ろのドライバーを威嚇している姿を撮影した映像がテレビに映し出されていた。
 煽り運転の被害に遭った人からすると、ドライブレコーダーはこの上なく心強い味方なのだろう。

 私も先日、車を運転していると、右折中に右から抜いていくという信じられない車(ドライバー)に出くわした。公道をレース場と本気で勘違いしているのではないか?と疑った。幸い、事故にはならなかったものの、ドライブレコーダーを積んでいれば警察に突き出す証拠になったかもしれない。証拠が無いと泣き寝入りするしかないことが、ドライブレコーダーがあれば悪事を追及する証拠を用意してくれるので頼もしい。

 そんな正義の味方でもあるドライブレコーダーの利点ばかりが報道されているためか、現在はドライブレコーダーが飛ぶように売れているらしい。
 ドライブレコーダーの購入を躊躇している人には、ドライブレコーダーステッカーなるものが人気らしく、盗難防止用の偽ステッカーと同じ役割を果たしているらしい。

 先の僧侶は後ろの車のドライブレコーダーが見えなかったのか、それとも全く意識していなかったのかは不明だが、大きなステッカーが貼ってあれば目に入るので、煽り運転を防止する抑止に繋がった可能性はある。

■行き過ぎた「デジタル監視社会」の到来

 スマホの普及で車載ナビは売れなくなったが、現在ではスマホをドライブレコーダーとして使用している人もいるらしい。
 行き交う自動車全てにドライブレコーダーが付いている社会になれば、横断歩道を横切る度に複数台の車のドライブレコーダーに自分自身の姿が記憶される。犯罪防止の名の下に、肖像権の侵害が意識されずに合法的に行われる社会、まさに個人による監視社会の出来上がりとも言える。

 香港デモで揺れている現在の中国は誰もが認める世界一の監視国家でもある。無数に設置された高解像度の監視カメラによって国民のプライバシーは有って無いようなものだとも言われている。

 最近、日本で頻繁に発生している犯罪者の逃亡事件というようなものは中国では不可能であるらしい。それだけ日本の警察は緩いということなのか、中国が行き過ぎなのか判断するのが難しい問題だが、かつては巨大だった映像データが瞬時に移動できる5Gシステムの超情報化社会になると、世界中が行き過ぎた監視社会になる危険性もある。

 現在の中国を見ても判る通り、そういう社会は一般庶民にとっては諸刃の剣でもある。テキストや静止画像としての情報が飛び交う社会ではなく、映像が飛び交う社会。いつどこで自分自身が映像の中に記録されるか分からない監視社会がすぐそこまで来ている。

 現在の「煽り運転問題」の表面化は、近い将来に訪れる行き過ぎたデジタル監視社会の到来を予告しているのかもしれない。それは人類にとっての警鐘か?、それとも福音か?、その答えは情報を制する国の姿勢によって大きく変わってくる。

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 22:46 | Comment(0) | 社会問題
2019年08月15日

次元が違う「香港デモ」と「韓国デモ」


■「韓国デモ」の違和感の正体

 未だ収拾が付かない香港でのデモの影で今度は韓国でデモが行われたらしい。そのデモの名称はズバリ「反日デモ」。

 「香港デモ」と「韓国デモ」を言葉を変えて言うと、「反共デモ」と「反日デモ」ということになる。

 「香港デモ」に参加している人々の本音は以下の通り。

 「中共に今までの自由な生活を奪われてたまるか!

 一方、「韓国デモ」を煽っている韓国政府の本音は多分、以下の通り。

 「日本に今までの我が儘な生活を奪われてたまるか!

 香港の場合、これまでの法律を遵守した民主的な生活を一党独裁の無法国家に奪われることに拒絶反応を起こしているという、人間としてごく自然な欲求が基になっているので誰もが同情し応援したくなる。

 しかし、韓国の場合、日本に対して、これまで国際的な法律を無視し、好き勝手し放題のことを行ってきて、それを否定されたということで拒絶反応を起こしているという、人間として恥ずべき欲求が基になっているので誰もが違和感を感じている。

■中国と韓国の共通点

 中国では香港のデモをテロとし、軍隊を差し向ける映像を流している。多分、脅しの一環だと思われるが、「天安門事件」をイメージさせることでデモ隊を恐怖で縛り退陣させることが目的なのだろう。

 一方で、韓国政府はこれまで以上に「反日」を前面に出し、無知な民衆を煽り反日デモをバックで支援するという、およそ法治国家とは思えない姿を露にしている。

 日本から観た中国政府と韓国政府は、実は同じようなイデオロギーを背景にしているということが透けて見えてくる。中国は親、韓国は子、日本は孫というようなこともよく言われるが、それ以前に、民主的ではないという意味でも共通している。
 民衆を利用している非民主的な国家という意味でも、民主的な法律が通用しない国家という意味でも共通している。

 「香港デモ」と「韓国デモ」は同じデモでも全く正反対のデモという位置付けになる。民衆が蜂起したデモと、政府が民衆を煽ったデモという大きな違いがある。
 
------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 10:37 | Comment(0) | 国際問題
2019年08月11日

『表現の不自由展・その後』のその後


■「検閲」と言うならば…

 『表現の不自由展・その後』問題で、愛知と大阪の2人の知事が対立している。2人の発言は以下の通り。

 吉村知事「(大村知事は)辞職相当だと思う

 大村知事「(吉村知事は)はっきり言って哀れだ

 憲法21条に定められている「表現の自由」についての認識の違いが、この舌戦の元になっていることは素人目にも明らかだが、はたして、どちらの意見が正しいのだろうか?

 大村知事は「検閲」という言葉をよく使用しておられるようだが、『表現の不自由展』に陳列されている物は、主に左翼的な作品が多いようなので、思想的にはかなり偏っているイメージは否定できない。
 日本で「検閲」と言うなら、かつてのGHQの検閲で表現できなかったような物を中心に陳列するならまだ理解できるのだが、報道されているものを見る限り、そういう物は見当たらない。もし、そういう物が陳列されているのにテレビで報道されないということであれば、それこそが「表現の自由」の否定になってしまうが。

■「表現の自由」を使い分けるマスメディア

 今回の問題を観ていても、少女の慰安婦像は何度も何度も嫌というほどテレビに映されている。本当に「表現の自由」が無いなら、当の少女の慰安婦像も映像や画像として報道されないはずだが、実際はそうはなっていない。「少女の慰安婦像をテレビでも映すな!」と言うのであれば「表現の不自由」になってしまうが、テレビを通して万人の目に触れることになってしまった。『表現の不自由展・その後』に訪れて観覧する人が何万人いたのかは判らないが、テレビを通して観賞した人は少なくとも数千万人はいることだろう。

 一方で、天皇陛下の写真を燃やす動画と言われるものは、その動画も写真も全くといいほど報道されていない。それは倫理的にも許されないという報道規制をマスコミが敷いているのかもしれないが、その忖度こそが「表現の自由」問題に絡んでいる。

 「慰安婦像の肯定」と「天皇制の否定」は、どちらも左翼的なプロパガンダに属する代物だが、これを同じ扱いにしていない報道姿勢こそが「表現の不自由」だとは言えないだろうか?

 誤解を避けるために予めお断りしておくと、私はここで天皇陛下の写真を燃やす映像をテレビに映せと言っているのではなくて、なぜ、少女の慰安婦像は何の忖度もすることなくテレビの電波に堂々と流すことができるのか?ということ。
 テレビを観ていても誰もそういうことを言わないし、誰も気が付かないようなので、敢えて指摘させていただいた。
------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 11:43 | Comment(0) | 社会問題
2019年08月05日

『表現の不自由展』が齎した「表現の自由」


■『表現の不自由展』問題の盲点

 「あいちトリエンナーレ2019」における『表現の不自由展』が中止になったことが問題視されている。

 従軍慰安婦や天皇陛下を扱った展示物が並んでいるとのことで、多くの苦情が寄せられ、中止にせざるを得なくなったということらしいのだが、少し前にもこれとよく似た事件があった。
 それは言うまでもなく、百田尚樹氏による学園祭の講演会が中止に追い込まれた事件である。
【関連記事】現代社会における学園祭(講演会)のあり方

 しかしながら、この2つの事件には大きな違いがある。それは何か?
 「催しが行われた後の事件」と「催しが行われなかった事件」という違いである。

 今回のトリエンナーレの場合は前者であり、催し自体は無事に開催されたが、入場した客がその展示物を見て苦情を言ったという話である。しかし、後者の百田氏の場合は、講演会自体が行われてもいない(内容自体が判明していない)のに講演会が中止に追い込まれた。どちらが「表現の自由」を妨げる行為なのかは言うまでもないと思う。
 同じく「表現の自由」問題だと言っても、そういう大きな違いがあることを見落としてはいけない。

■『嘘を言うことの不自由展』【「表現」と「虚偽」の違い】

 『表現の不自由展』に苦情が入ったことで「表現の自由を妨げるものだ」とする意見があるようだが、催し自体は無事に行われたわけだから、「表現の自由」は守られたことになる。
 そして、その「表現の自由」に対して文句を言うこともまた「表現の自由」であり、苦情を許さないと言うのであれば、それこそが「表現の自由」を妨害するものであることを知らねばならない。

 それに、前回のブログ記事にも書いた通り、従軍慰安婦報道は誤報だったと天下の朝日新聞が認めている。それが判っていながら、慰安婦像を国内に展示することがなぜ「表現の自由」になるのだろうか?
 政治家の像を展示することは「表現の自由」の範疇かもしれないが、慰安婦像を置くことは「表現の自由」ではなく「虚偽の自由」になる。

 政府や権力者に都合の悪いことが表現できないことを「表現の不自由」と言うのであれば、従軍慰安婦報道は虚偽の報道だったわけだから、「表現の不自由」云々の話ではなく、虚偽の表現が許されるかどうかという問題になってしまう。
 そう考えると、慰安婦像の展示に限って言えば、『嘘を言うことの不自由展』になってしまうが、そんな都合の良い自由があるはずもなく、当の朝日新聞が真実を報道する前ならいざ知らず、真実が明かされた後に「表現の不自由だ」と言うのでは筋が通らない。

 国内でこういう問題が表面化した背景には、件の「ホワイト国」問題があり、日韓関係の悪化が招いた事件だったと言える。
 そして、それは日本の韓国に対する「表現の不自由」が緩和されたという意味で良い兆しなのかもしれない。
------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 20:31 | Comment(0) | 社会問題
2019年08月02日

韓国が「ホワイト国」になるために必要なこと


■「ホワイト国」の条件は「信用できる国」

 予想通りと言うべきか、意外と言うべきか、政府は韓国に対して「ホワイト国」から除外することを正式に閣議決定した。奇しくも米中貿易戦争が再燃した日に、日韓においても一種の貿易戦争の火蓋が切って落とされた格好となった。

 「ホワイト国」というのは、子どもでも解るように一言で直訳すると「信用できる国」ということになるだろうか。
 企業における「ホワイト企業」や「ブラック企業」のようなもので、両者を分ける条件は「約束が守れる」かどうか。

 現在の韓国政府は、まともな法律や常識が通用せず両国間の約束を守らないという意味で、到底「ホワイト国」とは呼べそうにない。
 北朝鮮などのテロ支援国家を「ブラック国」と呼ぶなら、さしずめ、韓国は白黒がはっきりしない「グレー国」といったところだろうか。

 「ホワイト国」は世界に27カ国あり、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、EU加盟国などの先進国ばかりが名を連ねており、アジアでは唯一、韓国のみが先進国として「ホワイト国」扱いされてきた。
 アジア、東南アジア、アフリカ、中東の国々は「ホワイト国」とは認定されていないが、近日中には韓国もその中に入ってしまうことになる。

 韓国は情報技術的には先進国であっても、外交上、「約束を破る」などの先進国とは思えない大人げない言動が目立ち、精神的には大人に成り切れていない国というイメージがある。(特に日本に対しては)

■嘘ばかりつく国は「ホワイト国」になれない

 先に、「ホワイト国」は「信用できる国」と書いたが、そうであるなら、嘘ばかりついている国は「ホワイト国」とは成り得ない。嘘ばかりつく国は「信用できない国」、子どもにでも解る至極当然の理屈だ。

 慰安婦問題・徴用工問題・レーダー照射問題という日韓における3大問題でも嘘をついて約束を反故にしてきたわけだから、日本が同じ土俵に立って感情的な対処を講じれば、とうの昔に「ホワイト国」から除外されても文句を言えない立場だった。

 慰安婦問題に限定して言えば、日本では既に天下の朝日新聞が「慰安婦報道は誤報だった」と認めているわけで、国内では既に嘘報であったことが発覚しているにも拘らず、未だに嘘を真実と言い張り、世界各国に慰安婦像を設置するなどの暴挙を繰り返している。
 今回の「ホワイト国」除外には様々な外交的な事情があるとはいえ、反日を盾にすれば、どんな反撃もかわせるという驕りと油断が招いた悪因悪果だったとしか言い様がない。

 しかし結果的には、今回の措置が韓国の横暴に待ったをかけるよい機会になるかもしれない。文在寅氏も一国の大統領であるなら、これ以上、日本をダシにして国益に繋げようというような考えを改めなければ取り返しのつかない致命傷を負う危険性があることに気付く必要がある。
 この際、反日感情を捨てて、普通の国になることを目指した方が韓国にとっては得策ではないかと思う。急がば回れで、親日国家に転身することを期待したい。(あくまでも希望的観測)

------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
posted by 自由人 at 23:12 | Comment(0) | 国際問題